今こそ考えたい。ナチュラルでエコな生活と美容のこと

今こそ考えたい。ナチュラルでエコな生活と美容のこと

普段、日常で使われているものがどれだけ生態系や地球に、そして私たちの健康に悪影響を与えているか、本当の美しさとは何なのかを今一度、皆さんと一緒に...

普段、日常で使われているものがどれだけ生態系や地球に、そして私たちの健康に悪影響を与えているか、本当の美しさとは何なのかを今一度、皆さんと一緒に考え直すことが出来ればと思っています。環境問題について、エコに良いコトやモノの考えかたについてシェアしたいと思います。 ※エコとは自然環境保全。また、それらの関心や意識についてのことを表します。 

オーガニックコットンと健康

Licensed by Getty Images

良質なオーガニックコットンとは3年以上殺虫剤や農薬、枯葉剤を使用せず地球の環境を守る農法で収穫した100%ピュアコットンです。
枯葉剤とは第二次世界大戦時に使われた神経兵器と変わらなく、農家の方々の健康には重大な被害を及ぼすので毒ガスマスクをして働くようなもの。それらを使用しないコットンは化学薬品による肌刺激がないので、ベビー衣料、パジャマ、寝具、布ナプキンなどお肌に触れるものや敏感肌の人やアトピーの人たちに世界で愛用されています。

土壌など環境を汚さず健康被害を及ぼさないものはまさにロハスな製品です。
エコな活動をしている代表的な企業といえば、アウトドアブランドのパタゴニア。パタゴニアはレジ袋を1999年に廃止したりTシャツやジーンズのすべてにオーガニックコットンを使っていたり、環境に負担のない経営を行っています。どこよりも早くエコ事業の行っている企業ですね。

環境に良い生活のチョイス

Licensed by Getty Images

毎日なにげなく使っているものすべては地球からの恩恵といえます。地球と大地からの恵みは無限にあるわけではないと思います。いつか底を尽きてしまわないように少しずつ意識していくことが大切ではないでしょうか。では、すぐにできるエコロジーなチョイスをご紹介したいと思います。

・ スーパーに行くときは、エコバッグを持参する
→使い捨てになるものは最低限使わない。

・ 少し高価でも、質が良く長期的に使えるものを選ぶ
→物を買う周期が遅くなれば節約にもなる。

・ オーガニックな食材を選び、一物全体で食す 
→一物全体とは、生命あるものを丸ごと食べるという考え方。野菜は根から葉まで、小魚は頭から尾まで全部。「捨てるところがない」ということは、すなわちゴミも出ないので結果的にエコな食べ方につながる。

・重曹を使って掃除
→環境に影響のあるものを省いていく

・ 家電・電化製品のものを電気を長時間使わない
→電力を使わない、節約にもなる

私たちは環境問題と自身の健康被害から守るために「何を選んで、どう日常に取り入れていくか」という意識を持ち、本来の美容と健康についてより知識を深めていく必要があると思います。

洋服、食材、生理用ナプキン、日用雑貨、化粧品など・・・
個人のみならず、すでに大手企業はエコに対してさまざまな取り組みを行なっています。

私たち一個人がもっと知識を増やし、意識を変えていかなければいけません。それが地球と生存するすべてにとっての、幸せための課題だと思います。

文/いわせ直美

関連キーワード

関連記事