運動せずに無理なくお腹の脂肪を減らすには、食事で代謝を上げよう

運動せずに無理なくお腹の脂肪を減らすには、食事で代謝を上げよう

最近、お腹の脂肪が気になってきた…そんなに食べ過ぎていないのになんでだろう…と悩んでいませんか?お腹の脂肪をなんとかしたいけれど無理な運動はしたくない、という方は食生活を見直して代謝を上げていきましょう。

お腹についてきた脂肪が気になるなら、食生活の見直しを

お腹がぷよぷよしてきたと感じたら、まずは食生活を見直してみることをおすすめします。忙しい朝や疲れて帰ってきた夜、調理するのが面倒だからといって、シリアルや菓子パンなどの火を使わないですぐに食べられる料理をたくさん摂っていると、体が温まらずに代謝がぐんと落ちてしまいます。

また、冷たい飲み物や食べ物を摂ると、お腹周りの内臓を冷やさないように!と脂肪が蓄えやすくなるとも言われています。そのため、なるべく体を温める食べ物や温かい飲み物を飲むようにするといいでしょう。

太りそうだから朝食は食べない…という方は逆に脂肪がつきやすくなってしまうため、野菜たっぷりの味噌汁やスープなど、手軽に食べられるものをチョイスして朝食を摂る習慣をつけてみてくださいね。

夕食は炭水化物を控えて、筋肉を作り体の代謝を上げるタンパク質を積極的に摂りましょう。タンパク質だけに偏らないようにビタミン・ミネラルもバランスよく摂ることも大切ですよ!

食べる順番に気をつけて、お腹の脂肪対策を

どうしてもお腹が空いていると先に甘いものや脂っぽいものを口に入れたくなりますが、血液中のブドウ糖が増えて急激に血糖値が上がってしまい、消費できない分のブドウ糖を脂肪として溜め込んでしまうと言われています。

そこでポイントなのが、食事の最初に野菜や海藻類を食べること。野菜や海藻類に含まれる食物繊維がブドウ糖の吸収を抑えて血糖値の急上昇を防いでくれますよ。 ゆっくり何度も噛んで食事をすることで満腹感を得られたり、消化酵素が出て効率的に消化吸収を促す効果を期待できるとも言われています。早食いしてしまいがちな方は、なるべくよく噛んでゆっくり食事をする習慣をつけるといいかもしれませんね。

まずは食生活を改善して、スッキリとしたお腹に

運動や食事制限はせずに楽にお腹の脂肪を減らしたい!という方は、即効性はないものの食生活を改善していくことで次第に代謝が上がり、脂肪が付きにくくなってくるはずです。もう一度自分の食事内容を見直して、ぽっこりお腹を解消してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事