フードコーディネーター監修!ローズマリーの香りはダイエット効果も

フードコーディネーター監修!ローズマリーの香りはダイエット効果も

ローズマリーは、シソ科のハーブですっきりとした清涼感があり、甘くほろにがい香りが特徴で、ヨーロッパでは古くから料理や美容にも使われてきました。また、アロマでも人気の香りのひとつです。今回はそのローズマリーの嬉しい効果についてご紹介します。

爽やかなローズマリーの香りは、ダイエットの強い味方だった!

料理の香り付けやアクセントに使われるハーブ。家庭菜園をされている方は数あるハーブの中でも、とても丈夫で育てやすいローズマリーを育てている方も多いのではないでしょうか?

ローズマリーはシソ科のハーブで、甘くほろにがい香りが特徴で、ヨーロッパでは古くから料理や美容にも使われてきました。洋風料理に欠かせない、ブーケガルニにも欠かせないハーブの1つです。香りが強いので臭み消しにもなり、肉や魚料理に使うと味の引き立てにも効果的です。消化促進、殺菌作用もあります。優れた抗酸化作用から、別名『若返りのハーブ』としても有名です。

しかし、それだけではないのです!ローズマリーには驚きのダイエット効果が期待できるのです!その爽やかな香りにより「脂肪分解酵素リパーゼ」が活性化されダイエットにも高い効果が期待できると言われています。酵素のリパーゼは脂肪分解に直接的に働きかけるからだそうです。

また、脳の血流量を増やし、脳細胞を活発化させ記憶力や集中力を高める、疲労回復や無気力にも効果的で「やる気を引き出す」嬉しい効果も。更に、血流がよくなることでリンパの流れを促し、利尿作用でむくみ解消にも役立ちます。

とても簡単!美味しいローズマリーティーの作り方

それでは、ローズマリーティーの美味しい入れ方をご紹介します。

【美味しく飲みたい!ローズマリーティーの入れ方】
1)生のローズマリーの葉、もしくは乾燥させたローズマリーの葉を用意し、水洗いする。
2)熱湯を入れたポットにティースプーン山盛り1杯分を入れ、ふたをし、3〜5分ほど蒸す。カップに注ぐ。

<ポイント>
ポットとカップはあらかじめ温めておきましょう。ローズマリーだけでは飲みにくい場合、紅茶の茶葉を少しまぜてもOK妊娠中、高血圧の人は長期間常用、多量飲料には注意が必要です。

いかがでしたか?健康だけではなく、女性に嬉しい美容、ダイエット効果まで。ローズマリーの効能は知れば知るほど奥深いですね。料理やハーブティーだけではなく、アロマを炊く、取り入れやすい方法で、ハーブの持つ自然の力を活かし、上手にダイエットに活用してみてください。

 Profile
<執筆>
藤井 瑠美(ふじい るみ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・栄養士・フードコーディネーター・フィンガーフードプロフェッショナル・1児の母として子供の才能を開花させる食を提案している。
ブログ:https://ameblo.jp/comfort-food-made-health

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事