背中の贅肉をスッキリと引き締めるおすすめの筋トレ方法について

背中の贅肉をスッキリと引き締めるおすすめの筋トレ方法について

理想体重までダイエットに成功したとしても、背中に贅肉がついていると自分が思っている以上に後ろ姿が太って見えてしまうんだとか…。背中の贅肉を落とすには食事制限と合わせて背中の筋肉に特化した筋トレを実践することが大切です。

背中の贅肉を引き締めるおすすめの筋トレ方法〜ペットボトルトレーニング編〜

背中の贅肉をすっきりさせる筋トレをご紹介します。まずは、ダンベルの代わりに水の入ったペットボトル(500mlサイズ)を使ったトレーニング方法です。

【ペットボトルを使ったトレーニング】
<ローイング>
1.床に四つん這いになり、軽くペットボトルを握り背筋はまっすぐ伸ばします。
2.息を吸いながら片腕をやや後方にあげるように引き上げ、吐きながら元の位置に戻します。この動作を左右10〜15回ずつ毎日3セット行ってください。

〜POINT〜
このトレーニングでは脇の下から背中の下側に広がる広背筋を意識しながら実践すると良いです。そうすることで背中だけでなく、ウエストラインを引き締める効果が同時に期待できます。

<リバースフライ>
1.ペットボトルを両手に持ち、椅子に浅く腰をかけ背筋はまっすぐ伸ばしたまま上半身を前に倒しましょう。
2.ペットボトルを足の下に構え、そのまま両腕を床と平行になるくらいまで開きます。息を吸いながら腕を降ろし、吐きながら腕を持ち上げます。肩甲骨をしっかり引き寄せるイメージで行いましょう。

〜POINT〜
三角筋が刺激されることで背中〜肩周りがハリのある逆三角形になり、後方から見ても美しいシルエットを作ることができます。

背中の贅肉を引き締めるおすすめの筋トレ方法〜寝ながら鍛えるトレーニング編〜

続いて、寝ながら鍛えられる簡単トレーニング方法のやり方です。硬めのマットレスであればベッドの上で実践しても構いませんが、体が沈むくらい柔らかい場合はヨガマットを使用するようにしましょう。

【寝ながら鍛える簡単筋トレ】
1.うつ伏せになり、おへそは床につけたまま手と足をピンと上に伸ばします。
2.息を吸いながら両肘を引き、脇をしっかりと引き締めます。
3.息を吐きながら両手を肩の前に伸ばします。
4.息を吐き切ったら手と足を床へ降ろしましょう。
5.1〜4の動作を30回繰り返します。

〜POINT〜
1〜3の動作の際、両足は両手と同じ位置をキープするよう意識しましょう。

いかがでしたか?背中の筋肉を鍛えると基礎代謝がUPし、より痩せやすい体質に改善することができます。ダイエット中の女性は是非一度お試しください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事