寝ながらできる筋トレ「足パカダイエット」で目指せウエスト−5cm!

寝ながらできる筋トレ「足パカダイエット」で目指せウエスト−5cm!

instagramなどのSNSで痩せた人が続出し、話題となったダイエット法。簡単で普通の筋トレが苦手な人でも無理なく始められる足パカダイエット。ウエストだけでなく足もサイズダウンできる簡単トレーニングをご紹介します。

簡単筋トレなのになぜ「足パカダイエット」で効果が出るのか?

毎日20回〜30回仰向けに寝ながら足をパカパカさせるだけで、なぜ、痩せると言われているのでしょうか。それは足パカダイエットで使う「内転筋」に秘密があります。内転筋というのは太ももの内側にある筋肉で、細かく分けると色々な種類がありますが、主に足や骨盤の動きをコントロールしています。内転筋を鍛えることで。太ももを引き締めることができるのです。また、足パカダイエットでは足を横に広げた時にバランスをキープしようと腹筋や骨盤に力が入るため、同時に体感が鍛えられます。さらに、足には体の筋肉の約70%が集中していると言われているため、足パカで足の筋肉を鍛えることで新陳代謝がよくなり、痩せやすい体質を作ることができます。

テレビを見ながらできる!足パカダイエットのやり方

足パカダイエットのいいところは寝転がれるスペースがあればいつでもどこでも行うことができるところです。それでは早速、やり方をご紹介しましょう。

【簡単筋トレ!「足パカダイエット」のやり方】
<基本のやり方>
まずは基本のヨコパカです。まず仰向けに寝て膝をたてます。手は後頭部で組みましょう。姿勢ができたら、足を天井と直角になるようにまっすぐ上へあげます。この時、足が上がりきらない場合は手やタオルなどをお尻の下に引いて見てください。足を直角にあげたら、息を吐きながら痛気持ちいくらいに足を横に広げましょう。足を開き切ったら、次は足を最初の姿勢に戻すように閉じます。この時の呼吸は自然呼吸で大丈夫です。有酸素運動になるように足の開閉はスピーディーに行うようにすると効果的なんだそうです。これを毎日20〜30回行うようにしましょう。

<タテパカのやり方>
次にタテパカです。ヨコパカが内転筋やお腹周りを引き締めるのに対して、タテパカは太ももや下腹部を引き締めるのに効果的。最初の姿勢はヨコパカと同じで、仰向けになり手を後頭部で組みます。そして天井と直角になるようにまっすぐ両足をあげます。次に右脚を垂直にあげたまま、左足を下ろしてかかとを床につけましょう。次は右脚と左足を入れ替えるように、右脚のかかとを床につけて、同時に左足をまっすぐにあげます。これを往復10回繰り返し行いましょう。

<注意点>
腰痛など、足腰になんらかの不調がある方は、一度専門医の診断を受けてから行うようにしましょう。無理な運動で悪化させる場合もありますので、ご注意ください。

いかがでしたか?今日からすぐにでもできる「足パカダイエット」是非、お試しくださいね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事