「ごま油うがい」で老化予防!白髪やほうれい線も防ぐ効果とは?

「ごま油うがい」で老化予防!白髪やほうれい線も防ぐ効果とは?

年齢を重ねるにつれて気になってくる白髪やほうれい線といったエイジングサイン。「ごま油」を使ってうがいをすることで、予防が出来ると言われているんです!白髪やほうれい線が気になっているという方は要チェックですよ!

「ごま油」を使ったうがいがスゴイ!その効果とは?

「ごま油」というと、料理に使うのが一般的なので、うがいに使用すると聞くと驚く方もいるかもしれませんね。しかし、ごま油うがいは、世界最古の伝承医学と呼ばれるアーユルヴェーダの考え方で、健康美容法として古くから実践されてきました。

ごま油うがいでは「白ごま油」という種類を使用するのですが、白ごまには抗酸化物質が豊富に含まれており、以下のような効果が期待できるとされています。

【白ごま油でうがいすると期待できる効果】
◎白髪予防
ゴマには、抗酸化物質である「ゴマリグナン」という物質が含まれます。女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、白髪にも影響が出てくるのですが、このゴマリグナンはエストロゲンに似た性質を持つので、白髪予防に役立ちます。また、ごま油うがいにより体内の活性酸素が除去されることで、全身の巡りが良くなると頭皮の血行も良くなる為、健康な髪が育ちやすくなります。

◎ほうれい線予防
口の中を上下左右に膨らませながらうがいをすることで、頬や口周りの筋肉が鍛えられます。筋肉が鍛えられることとごま油の抗酸化成分により、肌にハリが出てきます。

◎口臭予防
洗浄作用がある為、口臭の原因となる舌についたコケが落としやすくなります。

◎デトックス効果
ごま油の抗酸化作用には、デトックス効果もあるとされています。身体の新陳代謝を活発にし、細胞の生まれ変わりを正常に保ってくれる働きが期待出来ます。

「ごま油うがい」で老化予防!やり方とポイント

「ごま油」なら食事からも摂れる、と思われるかもしれませんが、舌裏などの口内の粘膜からの方が吸収率が高いと言われています。

【ごま油うがいのやり方】
<使用するごま油の種類>
ごま油には、一般的に「焙煎油」と「純白(太白)油」の2種類があります。焙煎油は、ゴマを焙煎してから搾られており、茶褐色で香ばしい香りが特徴で、一般的に料理に使用されているものです。一方、純白(太白)油は、焙煎せずに絞られているので、ほぼ無色・無臭なのが特徴です。ごま油うがいに使うのは、純白(太白)油です。

<キュアリング(加熱処理)>
純白(太白)油をうがいに使用する際は、「キュアリング」という加熱処理を行う必要があります。キュアリングすることで酸化を防ぎ、効果を高めることが出来るのです。

<準備するもの>
・太白(純白)ごま油
・保存用の瓶(出来れば遮光瓶)
・鍋
・温度計

<キュアリング方法>
1. 太白(純白)ごま油を鍋に入れ、弱火で加熱する
2. 温度計を使用し、90℃くらいまで温度が上がったら火を止める
3. 鍋を濡れ布巾の上に置く ※余熱で100℃くらいまで上がります
4. 人肌くらいの温度まで下がったら、保存容器へ移す
※キュアリングしたごま油は3か月程もちます。必ず冷暗所で保管してください。

<うがいのやり方>
1. キュアリングしたごま油を大さじ1~2杯程口に含む
2. 口全体にごま油が行き渡るように、口を上下左右に膨らませながらクチュクチュとゆすぐ
3. 喉にも行き渡るよう、上を向いてガラガラとうがいをする
4. ティッシュペーパーに吐き出し、お湯で口をゆすぐ

いかがでしたか?白髪やほうれい線を予防してくれる「ごま油うがい」。デトックスも兼ねて、エイジングケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事