今話題のグルテンフリーで「ダイエット」や「体質改善」を狙おう!

今話題のグルテンフリーで「ダイエット」や「体質改善」を狙おう!

近年、小麦粉に入っているグルテン控えるグルテンフリー食品が流行っており、お店で見かけることも増えました。グルテンを控えるとダイエットや健康にもいいと言われていますが、なぜグルテンを控えるといいのでしょうか。その謎をご紹介致します。

「グルテンフリーでダイエット」は減量ではなく食事法のこと!

グルテンフリーという言葉を耳にしたことはありませんか?グルテンは、小麦粉などに含まれるたんぱく質のことを指し、グルテンフリーとは「グルテンが入っていない、含まない」ことを意味しています。

日本でも最近スーパーなどで、グルテンフリーの商品が増えてきていますが、欧米ではグルテンフリーと書かれた食品やレストランメニューが多く、豊富なグルテンフリー商品が取り揃えられているのに比べると、日本はまだまだ浸透していないように思います。

そして、グルテンフリーの食事のやり方としては、パンやパスタなどの小麦粉を使用している食材もちろん、ホワイトソースや、スープのとろみなどに使われる小麦粉も一切摂らないようにする方法です。その代わりに、他の炭水化物や、野菜やたんぱく質を多めにとることを推奨しています。

また、グルテンフリーは、ダイエット法としても話題になりました。ダイエットというと、日本では減量のイメージがありますが、英語で「diet」とは食事法という意味。「グルテンフリーダイエット」の目的は、いわゆる減量ではなく、もともとは病気やアレルギーを予防するための食事法として注目をされたのです。

グルテンの体への影響と、グルテンフリーの食事法で期待できる効果とは?

小麦を水で練ることで形成されるグルテンは、私たちの体内にある消化酵素では分解しきれないと言われています。分解しきれないものが体の中に溜まると、腸内環境が悪くなり、便秘を引き起こして痩せにくい体質になったり、アレルギーの元を作りやすくなってしまったりする可能性があります。

また、グルテンにより、疲労感や下痢、便秘、肌荒れ、アトピーなど、何らかの不調が出る症状を「グルテン不耐症」や「グルテン過敏症」と呼ばれています。現在、小麦粉が使用されている製品は非常に多く、カレーのルーやシチューのルー、餃子の皮、春巻きの皮、小籠包の皮、あんかけに使用しているとろみ等、私たちが知らず知らずのうちに口にしてしまっていることも非常に多いのではないでしょうか。

更に、小麦に含まれるグルテンは中毒性もあるため、一度食べるとまた食べたいという欲求が出てくるのが特徴です。小麦は現代の日本の食事には深く浸透しており、毎日何かしらの食事で食べられているものです。グルテンの中毒性に気づかないまま小麦粉を口にし、肌荒れ、便秘、疲労など体の不調に気付いてないということもあるかも知れません。

グルテンフリーの食生活を行うことにより腸の粘膜が安定すると、血糖値が上がりにくくなったり、食欲のコントロールができるようになったりします。その結果、自然に痩せやすい体質になるのです。

いかがでしたか?グルテンを完全に排除するというのは、難しいかもしれません。しかしグルテンを控えることで、腸の中が綺麗になり、ダイエット効果や健康維持につながるのであれば、積極的にグルテンフリーに取り組んでみたいものですね。

 Profile
<執筆>
山本 麻紀子(やまもと まきこ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・エステサロン店長。
延べ1万人以上の施術経験があり、エステティシャン歴8年。現在はエステに加えて食事のアドバイスなども合わせて行なっている。
ブログ:https://ameblo.jp/maki-totalbeauty

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事