毎月生理前になると肌トラブルが増えるのが悩み…健やかな肌の保ち方

毎月生理前になると肌トラブルが増えるのが悩み…健やかな肌の保ち方

生理前になると、イライラや食欲が増えたりするだけではなく、ニキビ、肌荒れ、吹出物などの肌トラブルが起こりやすくなる…と悩んでいませんか?生理前に肌トラブルが起こることに悩んでいる方は、自分の肌を労わりながら、健やかな肌をキープしましょう。

生理前になると肌トラブルが増えて憂鬱に…

女性の肌はホルモンバランスと大きく関係しているため、生理前になると皮脂の分泌量が増えたりホルモンバランスが乱れたりすることでニキビや吹出物、赤みや刺激などの肌トラブルが起こると言われています。

それでなくても生理前はむくみやすく、食欲が増して体重が増え、イライラや眠気に襲われるなど、心身も肌も不安定になってしまいがち…。 生理前は心身も肌もデリケートであるため、優しくいたわりながらお手入れをしていくことが大切ですよ。

生理前の肌トラブルを防ぐために最適なスキンケアって?

生理が終わった頃の肌は、とても調子がよくなるため美白ケアやエイジングケアなどの「攻めのケア」をするベストなタイミング。一方で、生理前は敏感な肌に傾きやすいので、美白ケアなどの攻めのスキンケアすると、肌トラブルを招くことがあるため注意が必要です。生理前のデリケートな肌には、丁寧な洗顔とクレンジング、たっぷり潤いを与える保湿ケアに力を入れましょう。

生理前の肌は皮脂分泌が多くなり、ベタついて毛穴が詰まることでニキビや吹き出物ができやすくなるため、ゴシゴシ洗顔をして皮脂を完全に取り除きたくなりますよね。でも、肌を清潔な状態にすることは大切ですが、強い力で洗顔やクレンジングをしたり、必要な皮脂まで洗い流してしまうとデリケートな肌が傷ついて、余計に肌トラブルが起こってしまいます。ぬるま湯で予洗いをしたら、たっぷりの泡を立てて顔を包み込むように優しく洗っていき、しっかり洗い流しましょう。毛穴が詰まりやすい小鼻の脇はより念入りに洗ってくださいね。

また、生理前になるといつも使っている基礎化粧品なのに肌がヒリヒリしてしまう方もいるのでは。このデリケートな時期は、肌に刺激を与えやすいアルコールや添加物などが入った基礎化粧品を避けて、敏感肌用の基礎化粧品を使うことをおすすめします。 ニキビや吹き出物ができやすいという方は、ニキビができにくいノンコメドジェニック化粧品、オイルフリーの基礎化粧品を使うと効果的。基礎化粧品は、擦らず丁寧に手のひらでつけて、仕上げにハンドプレスをしながら馴染ませましょう。

生理前の敏感肌と向き合って肌トラブルの少ない肌へ

女性の肌は月に何度も状態が変化すると言われているため、肌の刺激になりにくい敏感肌用の基礎化粧品を常備しておくといいかもしれません。また、ベースメイクは石けんで落とせる付け心地の軽いミネラルファンデーションやニキビケアができる薬用パウダーがおすすめです。家に帰ってきたら、できるだけ早くメイクを落としてスキンケアに取り掛かり、肌の負担を軽くしてあげてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事