唇の色素沈着を防ぐためにしておきたい、毎日のリップケアって?

唇の色素沈着を防ぐためにしておきたい、毎日のリップケアって?

ふと唇を見ると茶色っぽくシミのような色素沈着ができていた…という経験はありませんか?唇は薄くてデリケートなので、紫外線のダメージや摩擦になどにより色素沈着が起こりやすい部分。色素沈着を予防するリップケアで、健康的な唇の色を保ちましょう。

唇に色素沈着が起こる原因ってなに?

唇は皮脂腺がないため、潤いを保つことが難しく外部からのちょっとした刺激に弱いのが特徴です。顔や身体の紫外線対策をしていても、唇にはグロスやティントなどのリップメイクをするだけで、紫外線対策を忘れてしまいがちです。

さらに、唇の色素沈着は紫外線の影響だけでなく、クレンジングをするときの摩擦、落としきれなかったリップの色素が蓄積されていくことでもできてしまうと言われています。

ティントや落ちにくい口紅を使うと唇に色素沈着が起こりやすくなる!?

食べたり飲んだりしても落ちにくいリップティントや口紅は、メイク直しをする必要がなくとても便利。その一方で、落ちにくいリップメイクは、クレンジングをしても唇の縦じわや輪郭までしっかり落としきない場合があります。ティントや口紅などに含まれる色素が残ったままでは、色素と紫外線が反応・酸化して色素沈着の原因になってしまうことも。

リップメイクは専用リムーバーをコットンに含ませて、何秒間か馴染ませたあとにゆっくり優しく拭き取って落としておきましょう。唇の輪郭や縦じわは柔らかい綿棒に専用リムーバーを含ませて拭ってあげると落ちやすくなりますよ。

また、ゴシゴシ洗顔をしたり、クレンジングをするとデリケートな唇に摩擦が加わり、徐々にメラニン色素が生成されて色素沈着につながるため、力を入れずに丁寧にケアしてあげてくださいね。

そしてより大切なのは、唇の紫外線対策と保湿ケア。口紅やティントなどを塗る前に、UVカット効果のあるリップクリームをしっかり塗っておき、日中もこまめに塗り直しましょう。

週に1〜2回は唇専用のスクラブを使って古い角質を取り除き、保湿ケアを行うとくすみが取れやすくなります。リップメイクを落としたら、速やかに保湿効果の高いリップクリーム、白色ワセリンやはちみつなどを塗り込んでラップパックをするのも効果的!更に寝る前にももう一度保湿ケアをすると翌朝の唇がしっとりに。

唇の色素沈着対策でピンク色のぷるぷる唇へ!

唇には意外と色素沈着ができやすいため、日頃から紫外線対策と保湿ケアを行いつつ、優しく丁寧にリップメイクを落としていきましょう。唇のコンディションが整っていれば、よりリップメイクを楽しめます。日々のスキンケアに加えてリップケアにも力を入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事