油断しがちな秋の紫外線をきちんとカットしてくすみ知らずの透明肌に

油断しがちな秋の紫外線をきちんとカットしてくすみ知らずの透明肌に

シミやたるみなどの肌老化を防ぐためには紫外線対策をすることが大切です。夏は完璧に紫外線対策をしていても、秋になって涼しくなるとつい油断してしまいがち。秋はうっかり日焼けをしやすい季節なので紫外線対策をきちんと行うことが美肌への近道ですよ!

秋の紫外線対策、ちゃんとできてる…?

暑い夏から過ごしやすくて涼しい秋になると、紫外線対策よりも乾燥対策をする方が多いのではないでしょうか?夏と比べると確かに秋は紫外線量が減少しますが、季節に関係なく降り注いでいる紫外線から肌を守ることは大切です。紫外線を浴びると、肌老化(シミ・くすみ・たるみ・シワなど)を招いてしまうため、若々しい美肌のためには、秋の紫外線対策をしっかり行っていきましょう。

保湿と両立して!秋の紫外線対策のポイント

秋は急に涼しくなって空気が乾燥しやすくなるので、紫外線対策だけでなく保湿も一緒にしていくことがポイントです。空気が乾燥して肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下して紫外線ダメージを受けやすくなると言われています。紫外線から肌を守るためにも、保湿ケアをして潤いを保つ習慣を意識していくといいですね。

洗濯物を干すとき、ふらっと近場に買い物に行くときなど、長時間外にいなくても日焼け止めやUVカット効果のある服を着るなどして、紫外線から肌を守ってあげましょう。特に波長の長いUV-Aは、ガラスを通過するので室内や車内にいても油断は禁物。運転中は手の甲に紫外線が当たりやすいので、アームカバーをしたり日焼け止めをこまめに塗り直してくださいね。

秋はSPF値やPA値が高すぎる日焼け止めを選ぶと肌への負担が気になるため、SPF値やPA値が低くて保湿成分や美容成分がたっぷり含まれている日焼け止めや、専用クレンジング不要で石鹸やボディソープで落とせる日焼け止めがおすすめです。数値の低い日焼け止めを2〜3時間にこまめに塗り直す方が効果的だと言われていますよ。

帰宅したら日焼け止めをなるべく早く落として保湿ケアと美白ケアをしっかりしましょう。 顔も身体も化粧水で水分をたっぷり補ってから潤いを閉じ込めるためにクリームや乳液で蓋をしてくださいね。夏の紫外線ダメージが蓄積された肌には定期的な美白シートマスクを使うのもいいでしょう。

保湿と紫外線対策を両立して澄んだ肌へ

顔や身体だけでなく、紫外線が頭皮や髪に降り注ぐと切れ毛や枝毛、パサつきなどの原因になってしまいます。日焼け止めスプレーやUVカット効果のあるヘアオイル、日傘などを利用して髪の紫外線対策も忘れずに!秋は涼しいから…と油断せずに全身の紫外線対策を行い澄み渡るような美白肌を目指してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事