胃腸だけじゃない!美と健康のために「肝臓」と「腎臓」に要注目!

胃腸だけじゃない!美と健康のために「肝臓」と「腎臓」に要注目!

健康や美容に気遣うとき、私たちは胃や腸に注目しがちです。でも、体内を健やかに保つために働いている、重要な臓器をご存じですか? 体内で、いわば司令塔のような役割を持つのが「肝臓」と「腎臓」です。このふたつの臓器について、医師に聞きました。
美と健康に大切な肝臓と腎臓に注目 山浦真理子先生

健康に大きな影響を与えるのが「肝臓」と「腎臓」

普段、胃腸に気をつけて生きているのに、ほかの臓器のことはよく知らない人は意外に多いもの。でも、体内には胃腸以上に重要な働きをしている臓器があります。とくに体内の健康に大きな影響を与えるのが「肝臓」と「腎臓」です。内科医の山浦真理子先生、なぜこれらの臓器は重要なのでしょうか?

「胃腸は不快感を得やすいので、普段から気にして生活されている方は多いですよね。でも、健康な体を保つためには、ほかにも重要な臓器があります。その代表が、体内で多くの働きを担う肝臓と腎臓です。

肝臓は『もの言わぬ臓器』と呼ばれ、不調があったり、病気になったりしていても痛みなどの自覚症状がほとんどなく、頑張って働き続けてしまう臓器です。アルコール分解をおこなうことが有名なので『お酒を多く飲むと肝臓に負担がかかる』ことは知られていますが、ほかにも重要なさまざまな働きがあります。肝臓は大切にしたい臓器です。

また、腎臓はこぶしひとつ分くらいの大きさの臓器ですが、肝臓と同じく、体内を健康に保つためのさまざまな役割を果たしています。尿との関連性をご存じの方は多いと思いますが、体液(体内の水分)量や体液内にある電解質の組成を常にバランスよく維持する大切な機能を持っています。肝臓同様に、病気になっても自覚症状が出にくい場合が多いです」(山浦先生)

健康のために肝臓が担う、合成と貯蔵の役割とは?

では、具体的にそれぞれの臓器には、どのような働きがあるのでしょうか?

「肝臓は大きく分けて『合成・貯蔵』と『解毒・排泄』の2つの役割があります。

肝臓のもとには、胃や小腸を経て形を変えたさまざまなものが運ばれてきます。小腸は胃で消化された食べものをさらに分解し、栄養素を吸収するのですが、そこで吸収された栄養素は血液を通して肝臓に運ばれます。そして肝臓内で栄養素の合成がおこなわれ、再び血液にのって体のあちこちに配られるのです。また、合成された結果に出た老廃物も、肝臓から腎臓や腸に届けられて排出されます。

同時に、肝臓内に貯蔵する栄養素もあります。たとえば、体内に取り込まれた糖類(グルコースなど)は集合体であるグリコーゲンに姿を変え、いざというときに使えるエネルギー源として、肝臓にいくらか貯蔵されています。血糖値が低下したときなどには、肝臓に溜めてあったグリコーゲンから、生きるためのエネルギーとしてグルコースが使われるのです」(山浦先生)

つまり、運ばれてきた栄養素を合成して「これはあそこが必要な栄養だから、あそこに送ろう」「これはいざというときに必要だから、ここに溜めておこう」「これは不要だから、あちらに流そう」と仕分け、配布するのが肝臓の働き! まさに司令塔であり、私たちの体に必要な栄養を作る工場なのですね。

健康には不要なものは、肝臓で解毒されている!

もうひとつ、肝臓には「解毒」の役割もあるそうですが、一体どんな毒を分解するのでしょうか?

「『毒』と聞くと怖いイメージがありますが、お酒に含まれるアルコールや、煙草に含まれるニコチンなどが代表です。また、病気のときに摂取する薬も、解毒の対象となります。それらは肝臓にて分解され、毒性の低い形に変わってから、尿や胆汁中に排泄されます。過剰にアルコールや薬物を摂取すると肝臓がダメージを受けるのは、解毒作用が追い付かなくなって負担がかかった結果です。

また、肝臓では人体には有害なアンモニアの代謝もおこなわれています。アンモニアはたんぱく質を摂取すると、どうしても作られてしまう物質なのですが、肝臓内で尿素に変えられ、尿と一緒に排出されます」(山浦先生)

血液内を健康に保つ、腎臓の大きな役割

では、腎臓にはどんな働きがあるのでしょうか?

「腎臓は大きく分けると『排泄機能』『内分泌機能』の2つの役割があります。腎臓といえば、尿を作る臓器だと思っている方は多いのですが、ほかにも重要な働きをするので、腎臓が悪くなると体内のさまざまな不調につながります。

血液は腎臓に流れ込むと『糸球体』というフィルターにかかってろ過され、のちに尿細管にて体に必要なものと不要なものに仕分けられます。必要なものは血液内に回収されて、再び体内を巡って再吸収されていきますが、そこで出た不要なものは尿として排出されます。血液は全身を巡りながら、必要な栄養を届けているので、腎臓で不要なものがきちんと回収されないと、それも体内に巡ってしまいます。腎臓はいわば、血液をきれいにするための『ろ過装置』なのです。

内分泌機能もあります。レニンというホルモンを産出して分泌することで、血圧の調整をおこないます。また、エリスロポエチンというホルモンを産出し、分泌することで、赤血球の産出を高めます。さらに、副甲状腺ホルモンからの指令によって、ビタミンDを活性化させます」(山浦先生)

ビタミンDが活性化されると「本来の作用が発揮されて、骨代謝が促進される」と山浦先生。女性は更年期を過ぎるととくに骨が弱くなるので、腎臓を大切にしたほうがよさそう。

肝臓では運ばれてきた食べもの(栄養)を、腎臓では運ばれてきた血液を、それぞれ「体に必要なものとそうでないもの」に仕分けられているから、私たちは健康を維持できるんですね! 肝臓と腎臓に気を配った生活を送りたいものです。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
山浦 真理子 先生
​上用賀世田谷通りクリニック 呼吸器内科
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)

関連記事