白髪があったら見た目年齢プラス10歳?今すぐ白髪チェック&対策!

白髪があったら見た目年齢プラス10歳?今すぐ白髪チェック&対策!

見た目の印象はちょっとしたことでも変わってしまいます。特に顔周りは他人からも目に入りやすいため、肌や髪の状態で見た目年齢を判断されることも。なかでも一気に見た目年齢をプラスさせてしまうのが「白髪」です。どのような対策が求められるでしょうか?

白髪が与える印象は見た目年齢だけじゃない!

若い頃は気にもしていなかった白髪。30代になるとかき上げた髪の間から白く伸びる1本の毛。1本だけでもショックなのに、白髪はいつの間にか2本3本と増えてきます。

白髪は、言わずもがな見た目年齢に大きく影響します。老けて見られるのはもちろん、苦労してそうに思われたり、疲れているように見られたり。

また美容に対する意識が低く見られることもあり、こうした内面的な印象にまで影響することも。白髪を隠すようになったりすれば、髪をアップにしずらかったりと、髪型にも気を使うようになるでしょう。

そもそも白髪はどうしてできるのでしょうか?

白髪は年齢を重ねるにつれ、髪の色素細胞の能力が弱くなって、毛髪の色素が無くなってしまった状態。色素を生成するメラノサイトが徐々に減少することで、白髪が増えていくと考えられています。

紫外線によるダメージで引き起こしたり、栄養不足が原因になることも。やはりストレスも毛細血管が収縮するため白髪に大きく関係しているのだとか。

見た目年齢を低く見せよう!白髪の対策はどうやって?

さて、ではできてしまった白髪は、どのように対策すればよいでしょうか?

1本程度の白髪だと、プチっと抜いてしまいがちですが、これはNG。無理に抜いてしまうと、毛穴周辺を傷つける恐れがあり、頭皮トラブルにつながることもあります。抜くくらいなら、ハサミでカットしてしまう方が頭皮にダメージもなく安全です。

あまり白髪を気にし過ぎると、次なる白髪の発生源になるやもしれませんので、チラホラ出てきたら、髪に負担はかかりますが潔く白髪染めを使いましょう。

白髪染めの効果が落ち始めた時は、できるだけ髪に潤いを与えましょう。髪が乾燥していると白髪は目立ちやすく、しっとりしていると目立たなくなります。

また頭皮の血行も重要なので、頭皮マッサージや運動で全身の血流を促すのも効果的でしょう。

見た目年齢を大きくあげてしまう白髪。カットしたり、潤いを与えたりで、できるだけ髪に負担をかけない方法で対処しましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事