女性のいびきはドン引き確定!肥満やホルモンバランスが原因?

女性のいびきはドン引き確定!肥満やホルモンバランスが原因?

隣で眠っていたはずのパートナーが寝不足。その理由はもしかしたらあなたの「いびき」かもしれません!女性のいびきは印象が悪いですが、そのいびきの原因は肥満やホルモンバランスが影響している可能性もあるのです。くわしくご紹介します。

女性でもいびきは当たり前?原因は?

就寝時、無意識にガーガーと動物のように音を鳴らすいびき。当の本人が寝ているので自覚症状があるという人は少ないでしょう。

「昨日の夜、いびきすごかったよ」

こんなグッサリくる言葉で、初めていびきをかいている事実を知ることが多いのではないでしょうか。誰にも迷惑をかけなければまだいいのですが、パートナーと過ごす夜が台無しになってしまうこともありますよね。

いびきは気道が狭くなることで発生しますが、その原因はさまざま。たとえば肥満です。太っている人はいびきをかきやすいイメージがありますが、これは首回りにたくさんついてしまった脂肪によって気道が狭くなり、いびきをかくことが多いようです。

また、女性のいびきの原因のひとつとしてあげられるのが、あごが小さい人。あご周りの筋肉が少ないことが多いので、舌を支えることができずにいびきにつながることもあるのだとか。小顔の人は要注意です。

ホルモンバランスも影響する?ストレスや疲労もいびきの原因に

いびきは男性のイメージがありますが、年齢を重ねると女性でもいびきをかきやすくなります。その原因はホルモンバランス。女性ホルモンには舌を支える筋肉を緊張させる働きがあり、これによって気道を確保できています。

しかし年齢を重ねると女性ホルモンの分泌量が減少しますので、気道が確保できずにいびきをかいてしまうケースが多いのです。

このほか、ストレスや疲労もいびきに影響します。自律神経バランスが崩れて脳へ酸素がうまく運ばれないので、酸素を多く取り込もうと気道が塞がれやすい口呼吸をすることがあり、いびきをかきやすくなります。

朝、口の中が乾いている人は口呼吸をしている可能性がありますので、注意しましょう。

いびきは体調にも影響しますし、枕などで改善できることもあります。もし慢性的にいびきをかいている人は、専門医に診てもらうことをオススメします。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事