まだまだ若く見られたい!見た目年齢が若い人は何をしているの?

まだまだ若く見られたい!見た目年齢が若い人は何をしているの?

あなたは何歳ですか?本当の年齢はどうしようもないですが、何歳に見えるかは自分の努力次第で変えられます。見た目が若い人にはどんな特徴があるでしょうか。普段からしている生活習慣や美容方法について見ていきましょう!

見た目年齢が若い人はお肌が違う?美肌のためにしておきたいこと

突然ですが、「30歳に見える40歳」と「40歳に見える30歳」どちらがトクだと思いますか?見解はそれぞれですが、多くの人が前者を選ぶでしょう。

あたりまえのことですが、実際の年齢は自分の力で若くすることはできません。ですが、見た目の年齢は努力で若返らせることができますよね。

やはり見た目年齢を大きく左右するのは「お肌」です。年齢を重ねればお肌も老化していくのは避けられませんが、食事や運動、さらにはしっかりと睡眠をとってキレイな肌を保つ努力をすることが大切です。

美容を意識した栄養バランスの整った食事は、とても重要です。脂っこいものばかり食べるとお顔はギトギトしますし、お肌に良いものを食べるとぷるぷるになったりと、お肌にしっかり現れますよね。お肌に良い食事を習慣づけることが大切なんです。

また、見た目が若い人は運動などで定期的に体を動かしています。脂肪燃焼のほか、老廃物の排出など、若さを出すのに運動は重要です。そしてしっかり眠る。睡眠中こそが美を生む時間です。アスリートが若く見えるのはこうした運動や食事が大きく関係しているのです。

お肌だけじゃない!見た目年齢は笑顔や気持ちも大切!

こうしたお肌の美しさもさることながら、表情や行動も大きく見た目年齢に影響します。たとえば笑顔です。

見た目が若い人はイキイキしていて、笑顔が多いという特徴があります。笑顔の人には好感が持てますが、無表情や仏頂面の人は、あまり好感が持てませんよね。そんなマイナスのイメージのほか、表情筋も使われないので、顔のたるみにもつながってしまいます。

こうした食事や運動、睡眠、笑顔ができている人は、ストレスをあまり抱えていないことが多いです。ストレスは美容の大敵と言われるほど大きい影響を与えてしまいますから、運動で発散したり、笑顔で前向きになることは、とても重要なんです。

高い美容液を使うことが大切なのではなく、健康的に、明るく過ごすということが老化を加速させないことにつながっているんですね。今日できることからはじめて、みんなに若く見られましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事