デスクワークの腰痛は骨盤が原因?体の歪みを直してスタイルも美しく

デスクワークの腰痛は骨盤が原因?体の歪みを直してスタイルも美しく

仕事に家事に大忙し。なかなか体をじっくり休める時間が取れない!という人は少なくないでしょう。デスクワークに通勤と、腰にかかる負担から腰痛に悩む人も多いと思いますが、原因は姿勢や習慣による骨盤の歪みかもしれません。

腰痛は骨盤の歪みが原因?

多くの女性が悩む腰痛。長時間のデスクワークによって、夕方頃には痛みのピークを迎えるという人も多いのではないでしょうか。

腰痛の原因はさまざまですが、中でも気をつけたいのは「骨盤の歪み」による腰痛です。体の左右のバランスが崩れていたり、骨盤を支えるお腹周りの筋肉が弱かったりすると、骨盤は歪んで、最悪頚椎にまで影響します。

具体的に骨盤の歪みが発生するケースを見ていきましょう。

やはり一番の理由にあげられるのは、長時間のデスクワーク。1日中同じ姿勢を続けることで、緊張してしまった筋肉の圧迫によって骨盤が歪んでしまうのだとか。首の後ろから背中の中央辺りまでの広い範囲の筋肉が緊張してしまうことで、背中を美しく見せるS字のカーブも崩れてしまうそう。

さらに加齢によって筋肉が弱まってしまうことで、骨盤の歪みが生じるケースも少なくありません。

骨盤を支える腹筋が弱くなると、それをカバーするために背中の筋肉が緊張を起こして硬くなります。背中の筋肉に骨盤が引っ張られて、やがて歪みを引き起こすと言われています。姿勢も悪くなり、見た目の印象にも影響しますので、骨盤の歪みは腰の痛みのみならず直したいところです。

腰痛をふっとばせ!骨盤ケアには習慣の改善が効果的!

1日の長時間のデスクワークをやめる。というわけにはいきませんよね。そこで、今できる習慣の改善で、骨盤の歪みを悪化させないようにしていきましょう。

まずは座っている時の足に注意してください。よく足を組む人は体の重心が偏りやすく、骨盤の歪みにつながりやすいと言われています。またヒールを履いているとふくらはぎなど脚の筋肉が緊張する分、太ももやお腹の筋肉が緩んで骨盤の歪みにつながります。ときにはスニーカーやフラットシューズなどを履くように心がけましょう。

他にも通勤時にトートタイプのバッグを使っている人は、体の片方に重心がかかってしまって骨盤の歪みにつながります。リュックタイプにするなど、体の重心が崩れにくいバッグがオススメです。

骨盤の歪みを抑えるにはこうした普段できる対策が重要ですが、さらに骨盤を安定させるベルトやショーツなども併用すれば、腰痛の改善も期待できるでしょう。

骨盤の歪みを解消して、腰の痛みを無くして美しい姿勢を手に入れたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事