顎のザラついた角栓をクリアにしてつるつるスベスベの潤い肌に!

顎のザラついた角栓をクリアにしてつるつるスベスベの潤い肌に!

角栓は皮脂分泌の多いTゾーンにできやすいイメージがありますが、実は乾燥しやすい顎にもできやすいと言われています。ザラつきをそのまま放っておくと顎ニキビの原因につながってしまうため、顎の角栓ケアをこまめにしてつるつるの肌を保ちましょう。

鼻周りだけでなく顎にも角栓ができやすい理由

角栓ができるのは毛穴に皮脂が詰まることが大きな原因であるため、脂性肌や皮脂分泌の多いTゾーンにできると思いがちですが、顎にもザラつきの元となる角栓ができやすいと言われています。

顎の肌は水分量が少なく、角質が硬くごわついて分泌された皮脂が毛穴に詰まって角栓になってしまいます。それだけだなく、睡眠不足や乱れた食生活をしていると、ホルモンバランスが崩れて肌のターンオーバーがうまく行われなくなり、古い角質が毛穴に詰まることで角栓の原因になる可能性も。

顎のザラつきを解消して角栓を作らないためには?

顎はクレンジングや洗顔での洗い残しがありがちな上に、頬などの広いパーツのお手入れに集中してしまって、顎の保湿ケアが行き届かないことも。顎の周りの保湿ケアがきちんとできていないと、どんどん皮膚が硬くなってしまいます。

顎に角栓を作らないためには、基本的なスキンケアが必要です。クレンジングや洗顔で皮脂汚れやメイクを浮かせたら、洗い残しのないように意識して洗い流しましょう。手のひらで化粧水を馴染ませたら、角栓が溜まりやすい部分を中心にコットンパックで潤いを与えるのも効果的!仕上げに乳液やクリームをつけて乾燥を防いでくださいね。

また、顎がごわついているときには古い角質が溜まっているサインでもあるため、酵素洗顔を使って毛穴詰まりを解消しましょう。顎は皮脂分泌が少なくて乾燥しやすい部分なので、ピーリングやスクラブよりも酵素洗顔が最適です。使用頻度を守りつつ、擦らないように優しくマッサージしながら洗っていきます。酵素洗顔は毎日ではなく週に1回程度を目安に定期的に行い、すぐに保湿ケアに取り掛かってくださいね。

顎の角栓を解消するにはインナーケアも大切!

乱れたターンオーバーを正常にするためにも、質の良い睡眠時間の確保、栄養バランスの整った食生活などを心がけて身体の中からケアしてあげることも欠かせません。顎がザラついたままだと毛穴詰まりがニキビの原因になってしまうため、早めの対策をしてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事