××の回数が増えると白髪は減る?頭皮の血行不良を和らげる習慣とは

××の回数が増えると白髪は減る?頭皮の血行不良を和らげる習慣とは

白髪ができる原因は色々ありますが、頭皮の血行不良もその一つ。実は、誰もが毎日行うある習慣が頭皮の血行に深く関わっているのだとか。時間のない方もすぐに実践できる、白髪を減らす習慣の実践方法についてご説明します。

白髪を増やすのは、頭皮の血行不良!

白髪が増えていると実感すると、とてもショックですよね。一見白髪がないように見えても、表面の髪の毛をめくってみたら白髪が何本も集中的に生えている場所を見つけてため息をついた、なんて経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

白髪ができる原因は複数ありますが、その最たるものと考えられているのが頭皮の血行不良です。頭皮の血行が滞っていると、髪の毛の色素を作るメラノサイトという細胞の新陳代謝が鈍り、色素を作ることができなくなってしまうのだとか。白髪が一部分に集中的に生えるのも、頭皮の血行が悪い部分に固まるからだと考えられているようです。

頭の耳から上の頭皮部分には太い動脈が通っておらず、心臓から遠くに位置しているので血液が届きにくい部分とされています。また、頭皮には筋肉がないため、重力や加齢などでどんどん下に引き伸ばされて硬くなり、内部の毛細血管が潰されることでさらに血行が悪くなってしまうのです!

白髪を減らしたいなら「よく噛んで食べる」がおすすめ!

頭皮の血行を促す最もシンプルな方法は、頭皮をマッサージすることです。マッサージによって頭皮の血行は一時的に改善するので、白髪が減る効果が期待できそうですね。しかし、マッサージの効果はあくまで一時的なもの。はっきりした効果を得るためには継続的に行っていく必要があります。

平日お仕事や家事等で忙しい方は、マッサージの時間を確保するのも大変なときがありますよね。そこでご提案したいのが「食べ物をよく噛む」ということ。食べ物を咀嚼するときには、こめかみ周りの側頭筋を使います。しかし、噛む回数が少なかったり噛みしめる力が弱い人の側頭筋はあまり動いていないのです。食事のたびに意識してよく噛んで食べると側頭筋の動きは増え、頭皮の血行も改善されるのだとか。

まずは自分が一口当たり何回くらい噛んで食事をしているのかを数えてみましょう。ひょっとすると、10回も噛んでいないという方もいらっしゃるのでは?現代人が一口当たりに噛む平均回数は10~20回ほどとされていますが、側頭筋をしっかり動かすには1口30回を目標によく噛んで食べるのがおすすめです。こめかみの周辺が動いているのを意識しながら、ゆっくり噛むように心がけましょう。

いかがでしたか?よく噛んで食べるのが習慣になれば、特別に時間を確保しなくても頭皮の血行を改善することができるので、忙しい方にはおすすめです。時間に余裕のあるときに頭皮マッサージを行えば、さらに効果が期待できそうですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事