汚れたまま使ってない?「メイク道具」のお手入れで化粧ノリもUP

汚れたまま使ってない?「メイク道具」のお手入れで化粧ノリもUP

ブラシやスポンジなど、直接お肌に触れる「メイク道具」。きちんとお手入れ出来ていますか?汚れたまま使っていると、肌荒れなど肌トラブルの原因にもなってしまいます。清潔に使うことでメイクの仕上がりもキレイになりますよ!

お手入れを怠った「メイク道具」は、肌トラブルを引き起こす?

ベースメイクやアイメイクなどをする際に、必ずと言って良い程使用する「メイク道具」。ついつい忘れてしまいがちですが、きちんとお手入れしていますか?メイクする度に肌荒れしたり、化粧ノリが悪く感じる、という方はスポンジやブラシといったメイク道具が汚れが原因という場合も!

毎日のように使うメイク道具には、化粧品の成分に加え、皮脂や汗・ホコリなどが付着します。また、私たちの肌には皮膚常在菌と呼ばれる菌も生息しているので、これらの菌もメイク道具に付着するそうです。お手入れをせず、メイク道具を放置してしまうと、付着した菌が化粧品の成分や汗・皮脂をエサにしてどんどん繁殖していくのだそうです。そのスポンジやブラシを使ってメイクをすることは、繁殖した菌を肌に塗りつけているのと同じということに...!?

汚れたメイク道具を使用してしまうことで、せっかくのメイクもノリが悪くなり、ニキビなど肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。アイシャドウに付属しているチップを長い期間お手入れせずに使い続けている場合も要注意ですよ!汚れたチップやブラシを目元に使用することで「ものもらい」などのトラブルに繋がることもあります。

定期的に行おう!「メイク道具」のお手入れのポイント

化粧品の成分が付着しているメイク道具は、水で洗うだけでは十分に汚れが落とせません。「専用クリーナー」「中性洗剤」「無水エタノール」などを使用することをオススメします。それでは、アイテム別にお手入れ方法をご紹介します。

【メイク道具のお手入れの仕方】

<スポンジ・パフ>
1.スポンジにたっぷりぬるま湯を含ませる
2.汚れた部分に専用クリーナーや中性洗剤をつける
3.ゴシゴシ洗わず、ファンデーションの色が出なくなるまで優しく揉み洗いする
4.十分にすすぎ、水気を切り、風通しの良い場所で陰干しする

ファンデーションを塗る際に使用するスポンジやパフは、最も汚れやすく、もっとも菌が繁殖しやすいアイテムと言われています。お手入れの頻度の目安は、3~4日に1回・最低でも週に1回は洗いましょう。

<ブラシ・チップ>
1.まずコームでブラシを梳かす
2.コップなどの容器にぬるま湯と中性洗剤を溶かし、ブラシを入れてクルクル回しながら汚れを落とす(無水エタノールを使う場合は、無水エタノールのみでOK。専用クリーナーを使う場合は、乾いた状態のブラシにクリーナーをつけ、優しく揉みこんで汚れと馴染ませる。)
3.十分に洗い流し、乾いたタオルで水気を取り、形を整える(無水エタノールを使う場合は、水洗いせず、ブラシについた水分をティッシュでオフ)
4.風通しの良い場所で陰干しする

ブラシやチップを洗う頻度の目安は、1~2週間に1回程度が好ましいようです。

いかがでしたか?面倒だし、ついつい忘れがちな「メイク道具」のお手入れ。肌トラブルの原因になることもあるので、キレイなメイク道具を使って、メイクもキレイに仕上げましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事