秋のおやつは「さつまいも」で決まり!さつまいもの優れた美容効果

秋のおやつは「さつまいも」で決まり!さつまいもの優れた美容効果

秋の味覚の一つである「さつまいも」。そのまま食べるのはもちろん、スイーツにしても美味しいので、女性に人気の食材ですよね。そんなさつまいもには、美肌効果をはじめ、様々な美容効果があるとされています。美容食「さつまいも」の魅力をご紹介します!

美容食材「さつまいも」には、どんな効果があるの?

秋を代表する味覚の一つである「さつまいも」。料理にもスイーツにも使い勝手が良く、秋の味覚の中でも人気のある食材なのではないでしょうか。そんな甘くて美味しいさつまいもは、美容効果の高い栄養素がたくさん含まれている美容食材なんです!それでは、どのような効果が期待出来るのかをみていきましょう。

【秋の味覚「さつまいも」の美容効果とは】
◎美肌効果
美肌作りには欠かせない「ビタミンC」が豊富で、リンゴの4倍以上も含まれていると言われています。さつまいものでんぷんがビタミンCを守ってくれるので、他の野菜に比べて比較的熱に強いとされているのが特徴です。また、新陳代謝を促して肌を保護する働きがある「ビタミンB群」が含まれる為、肌のターンオーバーを促してくれます。肌荒れやニキビが気になるという方にもオススメ。

◎アンチエイジング効果
老化予防に効果がある「ビタミンE」が豊富に含まれます。ビタミンEは、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあるので、シミやシワといった肌老化も予防する効果が期待出来ます。

◎便秘解消効果
食品の中でさつまいもにしか含まれない「ヤラピン」という成分には、毒素を排出し、腸のぜん動運動を促進する働きがあります。また、不溶性・水溶性の食物繊維が含まれるので、腸内環境も整い、便秘解消効果があると言われています。

◎むくみ改善効果
「カリウム」が豊富に含まれる、体内の余分な塩分や水分を排出してくれる為、むくみの改善が期待出来ます。

効果的に「さつまいも」の栄養を摂取!食べ方のポイント

せっかく食べるなら、栄養を効果的に摂取したいですよね!食べ方のポイントをご紹介します。

【さつまいもの栄養素を効果的にいただく食べ方】
◎皮ごと食べる
「ヤラピン」をはじめ、さつまいもの栄養素は、皮と実の間に多く含まれます。皮ごと食べる方が栄養素を摂取しやすいので、丸ごと食べるのがオススメです。

◎スープや味噌汁で食べる
茹でたり煮たりすると、ビタミンCやB類といった栄養素はゆで汁に流れ出ていきます。味噌汁やスープにして食べることで、流れ出た栄養素まで食べることが出来ます。

◎水にさらさない
調理の前に水にさらす方もいるかと思いますが、ビタミンCは水溶性なので水に流れ出てしまいます。水につけるのではなく、さっと洗う程度にしましょう。ビタミンCを逃さない為には、焼き芋のように丸ごと蒸したり焼いたりするのがオススメです。

いかがでしたか?美肌やアンチエイジング効果など、美容効果の高い「さつまいも」は、秋のおやつにもピッタリです!栄養価が高まる旬の今、特にオススメです。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事