メイク落とし洗顔料だけでは汚れが残っているかも…正しくオフしよう

メイク落とし洗顔料だけでは汚れが残っているかも…正しくオフしよう

メイク落としと洗顔が一度にできる便利なメイク落とし洗顔料ですが、きちんとメイクを落とせているつもりでも実は毛穴汚れまで落としきれていない場合があります。つるんとしたすべすべ肌になるためにももう一度クレンジング方法を見直してみませんか?

メイクを落とすクレンジング・洗顔料の決定的な違いって?

基本的なクレンジングと洗顔の違いをご存じですか?クレンジングは、落ちにくいメイクなどの油分・皮脂・毛穴につまった汚れ・角栓・黒ずみなどを落とすもの。洗顔料は、肌に付着した汗やホコリ、必要のなくなった古い角層を落とすものというそれぞれ違う役割があります。

メイク落とし洗顔料は、クレンジング効果と洗顔効果のついた便利なアイテムですが、肌のくすみやザラつきが気になるという方は、もしかしたら、きちんとメイクや皮脂汚れを落としきれていないのかもしれません。メイク落とし洗顔料を使っていて、肌トラブルや毛穴のつまり等がなければもちろん問題ないと思いますが、濃いアイメイクやベースメイク、リップメイクをした時には、なるべくクレンジング料を使ってその日のうちにメイクをきちんと落とすことをおすすめします。

メイク落とし洗顔料でしっかりメイクオフできるか確かめる方法

普段メイク落とし洗顔料を使っていて、きちんとメイクや汚れを落とせているかチェックしたい場合には、いつも通りのクレンジング洗顔料で顔を洗ったあと、クレンジングウォーターやふき取り化粧水などをコットンに含ませて顔を優しく拭き取ってみてください。もしもメイクや皮脂汚れなどがしっかり落とせてないとコットンにメイクなどの汚れがついているはずです。

メイク落とし洗顔料でクレンジングと洗顔を済ませるのを習慣にしている方で、顔全体に洗浄力の強いクレンジングを使うと乾燥するのが不安…という方は、クレンジングオイルよりも洗浄力がマイルドなクレンジングミルクやクレンジングリキッド、クレンジングジェルなどがおすすめですよ。クレンジング後に洗顔をするのが面倒であれば、W洗顔不要のクレンジングを選ぶと、クレンジングをしたあとに洗顔料を使って顔を洗う必要がないため、スキンケアの時短にもつながります。

メイクをきちんと落として触りたくなるすべすべ肌へ!

メイク汚れや古くなった皮脂などが毛穴や肌に溜まっていると次に使う化粧水、美容液の浸透が妨げられてしまい、肌の乾燥を招く可能性があるので、つるつるの肌になるためにもまずはクレンジング方法を見直してみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事