寒くて肌がごわつきやすい秋冬は蒸しタオル美容を取り入れて

寒くて肌がごわつきやすい秋冬は蒸しタオル美容を取り入れて

蒸しタオルを顔に当てることでごわついた肌がほぐれて毛穴が開き、美肌効果を実感しやすくなります。しかし、蒸しタオルをただ顔に乗せるだけではあまり効果を感じられない場合も…。今日からできるおすすめの蒸しタオル美容をご紹介します!

お金をかけずに蒸しタオル美容で美肌をゲットしてみない?

蒸しタオルを顔の上にのせて肌を温めると、蒸気と熱が肌全体に行き渡ることで閉じた毛穴が開き、毛穴に詰まった汚れを取り除きやすくなります。

蒸しタオルを使ったスキンケアをするときには、清潔なタオルを使ってタオルを温め過ぎないことを注意していきましょう。

タオルの温度が高いほど毛穴をぽっかりと開かせてくれる気もしますが、電子レンジで加熱しすぎると手や顔にやけどを伴ったり、赤みが出て肌が乾燥してしまうとも言われています。蒸しタオルを作るときにには、手で触れてほんのりと温かさを感じるくらいの温度にしておくといいでしょう。

冷えた肌を蒸しタオルでほぐして美肌に導くには?

秋から冬にかけて、空気乾燥とともに気温がぐっと下がることで肌も冷えやすく、ゴワゴワしてしまいがち。そこでいつものスキンケアに蒸しタオルを取り入れるだけで、毛穴を開かせるだけでなく、肌のごわつきや血行不良、くすみに効果が期待できます。

秋から冬にかけて蒸しタオルを使うおすすめのタイミングは、クレンジングや洗顔前。綺麗なタオルに水を含ませて軽く絞ってから、500Wの電子レンジで約50〜60秒ほど加熱して蒸しタオルを作ります。少し冷まして心地よい温度になってから顔全体に蒸しタオルを乗せて両手で軽く押さえておきましょう。2分ほど放置したら蒸しタオルを剥がし、いつも通りクレンジングや洗顔をしていきます。

先にクレンジングや洗顔を済ませてしまった場合には、スチームパックがおすすめです。やり方は簡単!化粧水と美容液を馴染ませた後に乳液やクリーム、オールインワンジェルなどをいつもよりたっぷりと顔にのせてパックして、その上に蒸しタオルを当てていきましょう。蒸しタオルから出る蒸気で浸透力が高まりますよ。蒸しタオルを剥がしたらハンドプレスをするだけでいつも以上にもちもちの美肌になっていることでしょう。

朝のベースメイク前にも蒸しタオルを取り入れると◎

朝起きて洗顔をしたら蒸しタオルを当てて毛穴を開かせた状態にしておき、冷蔵庫で冷やしておいた化粧水をコットンに含ませて毛穴パックをすると、開いた毛穴がきゅっと引き締まってメイク崩れを防ぐことができますよ!蒸しタオルをうまく取り入れて美肌づくりをしてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事