「サロン並み」ネイルはこれで作る! 目的別優秀ベースコート

「サロン並み」ネイルはこれで作る! 目的別優秀ベースコート

ネイルカラーのお気に入りはあるけど、ベースコートはなんでもいい。そんな人も多いはず。でも、「上から塗っちゃうし、どれでも一緒でしょ?」は、実は間違いなんです。長持ちさせたい、ネイルの発色をよくしたい……。優秀ベースコートを目的別に紹介します。

「モチの良さ」ならこれにお任せ!
アディクション ザ ベースコート

繊細な色味のネイルカラーに定評のある「アディクション」ですが、ベースコートもこれまた最高なんです。薄付きながらも自爪の凸凹をカバーして滑らかになるし、薄いベージュは爪の色をフラットに整えてくれる効果も。ひと塗りで自爪のアラがカバーされ、ネイルチップのような整ったベースに。アディクションと言えば、の「くすみカラー」が美しく発色する爪になります。速乾で、じっくり待たなくてもすぐにネイルを塗ることができ、乾いてから気泡ができないのもうれしい! そして、日がたっても、爪の先からネイルがひび割れてペリペリはがれてくることがないので、一週間キレイなままキープできるのも忙しい女子にオススメのポイントです。

一本でも「キレイな素爪」を作れる!
RMK ベースコート N

アディクションと同じく、ほんのり色づくタイプの「RMK」は、ベースとして上から色を重ねるのがもったいないほどのツヤ感が特徴。一度塗りでほんのり明るいピンクの爪に、二度塗りだと青みピンクに。ネイルカラーとしても十分なほどのツヤが出ます。手はキレイに見せたいけど、ベース→ネイル二度塗り→トップコート、となると厚みが気になる……、そんな人には、単品使いもオススメ。わずかな青みが爪のフリーエッジの黄ばみをカバーしてくれて、透明感を与えるので、シアーな色味のネイルカラーも美しくつけこなすことができます。乾きの早さもつい手に取りたくなる理由の一つです。

「除光液でのオフが面倒」ズボラ女子必携
キャンメイク ピールオフベースコート

頻繁に塗り替えたいから、カラーチェンジのたびに除光液を使うのが面倒。そんなときはこれをベースに仕込んでおけば、飽きたらペロッとネイルをはがせます。ズボラ女子に限らずとも、「週末だけハデ色を楽しみたい」「落としにくいラメ入りネイルをスッキリオフしたい」そんなオーダーにもこたえてくれる一本です。とはいえ、「ネイルをシールのようにはがすなんて、負担が大きいのでは?」「ちゃんとはがれるの?」と思いますよね。普通の状態ではがすのは確かに負担が気になりますが、ネイルが一番取れやすい洗髪の後ならスムーズです。夜のお風呂で髪を洗って「潮時かな」と思ったらその場でオフ。「やや厚めに一度塗り」が、ある程度の日数、ネイルをキレイに保ちつつ、オフをスムーズにする絶妙な加減です。耐久性こそないものの、一つあると助かる存在だと思います。

とにかくアラが目立たない!
マキアージュ トップ&ベースコート

透明のベースコートって、色素沈着を防ぐくらいしか意味がないし、省略してもいいと思っていませんか? マキアージュのベースコートは、うす付きながらも爪の凹凸をカバーしてくれるので、クリアカラーのネイルのベースにピッタリなんです。乾きはそこまで早くありませんが伸びはよいので、極力薄く塗るのが早くてキレイに仕上げるポイント。トゥルンとしたツヤが出せます。また、こちらは一本でトップコートにも兼用できるタイプ。トップコートとして使うと、乾いてから重ねているのに、ハケにネイルカラーがつくことがあります。一瞬「?」と思ったものの、すでに塗ったネイルの表面が微妙に溶けているのか、ハケむらが隠れるんです。結果、仕上がりは美しく。安いしどこでも買えるので、薄く塗れるサラサラ感がなくなってきたら買い替えています。一本でマルチに使いたい人には最適です。


爪本体のコンディションでネイルの出来が左右されることを思えば、ベースコートを変えることで同じネイルでも微妙に違う仕上がりを楽しめるはず。「どれでも同じ」「ベースは使ってない」そんな人にこそ、こだわってみてほしいアイテムです。

関連キーワード

関連記事