食べなきゃ損!お刺身のつま「食用菊」に期待できる美容効果について

食べなきゃ損!お刺身のつま「食用菊」に期待できる美容効果について

秋になるとお刺身コーナーでよく見かける食用菊(別名:もってのほか)。ただの飾り花だと思って、そのままキッチンへ生ゴミとして捨ててはいませんか?実は食用菊を食べることで女性に嬉しい様々な効果が期待できるんです!

「食用菊」に期待できる美容・健康効果

日本のエディブルフラワー(※食べられるお花のこと)と称されている、食用菊。食品の見た目を引き立てる飾り花としてだけでなく、鮮やかな色合いとシャキシャキっとした食感がより食欲を引き立ててくれます。また、食用菊を食べることで以下のような効果が期待できるのをご存じですか?

【食用菊に期待できる美容・健康効果】
<アンチエイジング>
食用菊には活性酸素の働きを抑え、肌老化を防ぐ抗酸化成分のβ-カロテンやビタミンCが豊富に含まれています。

<貧血予防>
食用菊に含まれるビタミンB群の一種「葉酸」には生理前の女性に多い貧血・めまいを予防する働きがあります。

〜選び方・保存方法〜
食用菊の持ち味であるシャキシャキとした食感。これは花びらが平らではなく、筒状に丸まっているからです。そのため、食用菊を購入する際はできるだけ花びらが筒状に丸まっているものを選ぶことをおすすめします。また、使用するまでは乾燥しないよう新聞紙などで包み冷蔵庫に入れるようにしてください。

〜食べ方について〜
食用菊はお浸しや和え物にしたり天ぷらの材料として調理するのが一般的です。散らし寿司にちらしたり、吸い物などのトッピングに使用しても良いでしょう。

食用菊を使ったおすすめの美容レシピ〜柚子胡椒入り!食用菊と小松菜のツナマヨ和え〜

食用菊と小松菜のツナマヨ和えの作り方をご紹介します。色鮮やかでお弁当の一品にも最適ですよ。

【柚子胡椒入り!食用菊と小松菜のツナマヨ和え】
<材料>
・小松菜 1束
・食用菊 1/2パック
・ツナ缶 1缶
・すりごま 大さじ2

<調味料>
・柚子胡椒 小さじ1
・マヨネーズ 大さじ2
・めんつゆ 大さじ1
・塩胡椒 適量

<作り方>
1.小松菜をよく洗い、柔らかくなるまで茹でましょう。
2.小松菜が茹で上がったら冷まし、よく絞って食べやすい大きさに切ります。
3.食用菊は花びらを一つ一つ外しておきます。
4.食用菊を茹でるお湯を沸かし、酢(分量外)を少し入れて茹でます。ざるにあげて流水で洗いましょう。
5.ボウルに小松菜・食用菊・油を切ったツナを入れます。
6.5に調味料とすりごまを加え、菜箸でしっかり混ぜ合わせて完成です。

いかがでしたか?これから旬の食用菊を美味しく食べて内側から美を極めていきましょう!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事