その疲れ「寒暖差疲労」かも?夏から冬のだるさに負けない習慣とは

その疲れ「寒暖差疲労」かも?夏から冬のだるさに負けない習慣とは

汗ダラダラの猛暑も去ってほっと一安心と言いたいところですが、「なんだかだるい…」と感じることはありませんか?その疲れ、もしかしたら「寒暖差疲労」かもしれません。季節の変わり目によく現れる寒暖差疲労と、その対策についてご紹介します。

身に覚えのない疲れは、夏から冬の間の「寒暖差疲労」を疑って

寒暖差疲労とは、その名の通り気温の寒暖差が起こることで身体がだるくなったり疲れを感じる現象のこと。そのほか、肩こりなどの症状が出る場合もあるのだそう。寒暖差疲労は、まさに今のような季節の変わり目に起こりやすいと言えるでしょう。

では、なぜ寒暖差疲労が起きてしまうのでしょうか。私たちの身体は、体温や血圧などのコンディションを常に一定に保とうとしています。急激な気温の変化が起こると、体温調節を司る自律神経が体温を急変させないように頑張ってしまい、そのしわ寄せがだるさなどの様々な症状となって現れてくるのです。

夏から秋、秋から冬などの季節の変わり目だけではなく、夏の間も実は寒暖差疲労が起きやすいのだとか。これは、屋外とエアコンでキンキンに冷えた室内の寒暖差が大きいためですね。また、秋も暑い日と涼しい日の気温差があり、寒暖差を感じることが少なくない季節です。つまり、夏~冬の始めくらいまでは寒暖差疲労に悩まされることが多い季節ということに!毎日を気持ちよく過ごすためには、寒暖差疲労を感じないように対策をする必要がありそうですね。

「寒暖差疲労」に負けないためにはどうすればいい?

寒暖差疲労を減らすためには、身体に寒暖差を感じさせないようにすることが最も効果的な対策だと考えられています。朝晩冷え込む時間帯は、カーディガンを羽織ったりストールを巻いたりし、就寝時には毛布などを使って体が冷えないように心がけましょう。

また、夏から秋にかけては台風が発生する季節のため、気温の上下に加えて気圧の変化も大きくなり疲れやすい時期なんだそうです。この時期には、上記の対策に加え身体の疲労回復に努めることがポイントとなります。具体的には、就寝前にお風呂に入って身体を休ませてあげるとよいでしょう。また、入浴の際に心がけていただきたいポイントは2つあります。「お湯の温度はぬるめ(38~40度)」「炭酸風呂にする」ことです。熱めのお湯につかると交感神経が優位になり興奮してしまうため、身心を休める効果が弱まってしまうのだとか。ぬるめのお湯に浸かると、副交感神経が優位になってリラックスしながら身心を休めることができるというわけですね。熱めのお風呂が好みだという方も、この時期はぬるめのお湯に浸かった方がよいでしょう。

また、冷えた身体の疲労を回復するためには、お風呂でしっかりと全身の血行を促進させたいところ。熱いお湯ではなくぬるめのお湯でもそれが可能なんだそうです。炭酸風呂につかると手先、足先の末端血管にまで血が巡り、疲労回復効果が期待できるのだとか。お風呂に重曹とクエン酸を入れることでシュワシュワした炭酸風呂になるそうですが、お仕事で帰りが遅い方は炭酸入浴剤のタブレットを使うのがおすすめ。

この季節なんとなく疲れているという方は、今回ご紹介した「寒暖差疲労」の対策を実践してみてくださいね。冬の寒さが訪れるのはまだ先ですが、秋の寒暖差も甘く見ずに対策するようにしましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事