【松本千登世】の最新レッスン! アラサーの【毛穴・たるみ】対策エイジングケア

【松本千登世】の最新レッスン! アラサーの【毛穴・たるみ】対策エイジングケア

新作エイジングケアの情報は次々と届くけど、本当に必要なの? 私にとって正解のケアは? と疑問の尽きない読者に捧げるエイジングケア指南最新版。アラサーの毛穴・たるみのお悩みに、ビューティエディター・松本千登世さんがレッスン。"もっと美しく" を叶え、スマートに年齢を重ねるための情報を完全網羅!

「毛穴やたるみが気になる!」に松本千登世さんが回答!

皮脂量が増える春夏に限らず、毛穴企画が通年人気なのも納得。エイジングサインとして毛穴の変化を感じており、適切なケアを知りたいという声も目立った。

「毛穴が流れているように見えるし、肌全体にハリを感じられない!」めんまま(25歳)

「毛穴の開きが気になるけどケアをしても一向に改善しません……」ネコ2世(31歳)

■教えてくれたのは…

ビューティエディター 松本千登世さん
女性のライフスタイルの変化も踏まえた美容提案が大好評。新著『もう一度大人磨き 綺麗を開く毎日のレッスン76』(講談社)も発売に。

Q:エイジングケアはいつから始めるべきですか?

A:「今」です。若さをすり減らさないことがエイジングケアだから。

ここ数年、エイジングケアの主流は根本から包括的にケアするもの。今までの"老化の遅延&改善" というより、"今ある若さをすり減らさない""若い肌をつくり続ける" ケアであり、VOCE世代にもぴったり。早いかもと思わずどんどん頼って肌を甘やかしてあげて。

Q:今季注目のエイジングケア、ありますか?

A:目元に加え、口元に注目です!

フランス人の "目のシワは包容力の証だけど、色気と豊かさを表す唇のシワは老け感や貧乏くささがにじむ" という価値観にハッとさせられました。その点でも、単なる保湿にとどまらず、唇そのものの構造や特性を見つめ直したポーラは斬新!

★オススメアイテム

血管の欠落やヒアルロン酸の減少にアプローチ。するんと広がり、ふっくら立体的な唇へと導く。
B.A リップ バーセラム 3.6g ¥6800(10/1発売)/ポーラ

Q:松本さんがやってよかったエイジングケアは何ですか?

A:30歳からのクリーム美容です。

クリームを使っている肌は柔軟性が高くてシワが深くなりにくく、あともつきにくい。対して未使用だと肌が硬く、亀裂のようにシワがくっきり。また、クリームならではの肌をムチッと太らせる効果で毛穴が奥から押し上げられて目立たなく。

【こちらの記事もオススメ!】
アラサーのための【エイジングケア】|【クリーム美容】で肌改革!

Q:効果を高めるための松本流テクを伝授してください!

A:カチューシャゾーンに注力を!

スマホやPCで目を酷使することで硬くなるのが生えギワ=カチューシャゾーン。顔の下半身を引き上げる力がなくなり、輪郭がもたつく原因になるので、シャンプーや洗顔などのついでに意識的に触れて動かして。スキンケアの浸透力も高まり、目もぱっちり開きます!

★オススメアイテム

(左)もっちり泡で洗い上げ、美容液で柔軟に。
「届く、カンテサンス」セット 石けん 45g、育毛美容液〈医薬部外品〉 60ml ¥7000/ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン

(中)洗髪前のマッサージに。
インディゴオイル プレオイル シャイン&スカルプ 50ml ¥3500(10/10発売)/メルヴィータジャポン

(右)生えギワも含めた顔全体のコリほぐしに。
リファリズム ¥28800/MTG

撮影/当山礼子(人物)、吉田健一(静物/No.2)、伊藤泰寛(静物) スタイリング/佐山みき(LOVABLE) 取材・文/楢﨑裕美

【こちらもチェック!】
【安倍佐和子】が指南!アラサーの【"老け印象" 肌】対策エイジングケア

関連キーワード

関連記事