ずっとスリムでいたい!アラフォーの体型キープを助ける4つの習慣

ずっとスリムでいたい!アラフォーの体型キープを助ける4つの習慣

代謝が衰え始めるアラフォー世代は、おデブの入り口になりかねない危険な年代。スリムな体型をキープしている人はどのような生活を送っているのでしょうか?ずっとスリムな体型をキープするための4つの習慣をご紹介します。

アラフォーの体型キープは至難の業?

巷でささやかれている「アラフォーになると痩せにくくなる」という噂、実際のところはどうなのでしょうか?10~20代のときは多少食べ過ぎてもすぐに体重を戻すことができますが、30代半ばを過ぎると体重が減りにくくなってきます。基礎代謝は加齢とともに衰えていくため、カロリーを消費しにくい身体になっていくのが主な原因なのだとか。

それだけではなく、美容体重をキープしている人でも「お腹がたるんできた」「背中に脂肪がついてブラジャーの紐が背中に食い込むようになった」等、体型の崩れを感じるが少なくないのだとか。アラフォー世代にとって、スリムな体型をキープしていくのはとても大変なことのようですね。

アラフォーでも諦めない!スリムな体型をキープする習慣

では、アラフォーでもスリムな体型をキープするにはどうしたらよいのでしょうか?じわじわと基礎代謝が衰えていくことを考慮すると、短期集中型のダイエットを行うよりも、痩せる行動を日々の生活習慣として定着させていくことが体型キープの鍵のように思われます。実際に、スリムな体型をキープしている方がどのようなことを日常で心がけているのかをご紹介したいと思います。

【美しいアラフォー世代の体型キープ習慣とは】
1.こまめに体型・体重をチェック
「飲み会で食べ過ぎちゃった…」という翌朝は、体重計に乗るのが怖くなってしまいがちですよね。しかし、こんな日が続くと体重計は見たこともない数値を指してしまうことになりかねません。体型をキープしたいのであれば、こまめに、できれば毎日、体重計に乗って自分の身体の状態を把握しておくのが基本です。思わぬところに脂肪がつきやすいアラフォーの方は、同時に全身鏡でスタイルをチェックしておくことをおすすめします。

2.食べ過ぎたら翌日にリセット
食べ過ぎた翌朝、体重が増えていたらその日に食べ過ぎた分をリセットするようにします。甘い物は控えて、夜ごはんは抜く、もしくはスープやサラダなど軽いものにすると効果的。体重が1日では戻らないという場合も、2~3日集中的に食べる量を抑えたり運動を行うようにすれば戻るようになるのだとか。大切なのは、食べ過ぎた分はすぐにリセットするという習慣をつけることなんだそうです。「明日から頑張ろう…」と先送りにしていると、さらに痩せるのが大変になってしまうという悪循環に…。

3.体を動かす習慣をつける
加齢とともに基礎代謝は衰えていくとご説明しましたが、運動不足で筋肉が減少するのも基礎代謝が衰える原因の1つ。ウォーキングなどの軽い運動でも行う習慣をつけると、体型キープがやりやすくなっていくのだそう。理想的なのは「楽しい!」と思えるような運動を見つけること。ストレス解消と運動を兼ねることで、ドカ食いする危険性も低くなるそうです。

4.食事は腹八分以下
なんと、スリムな体型を意識してキープしている方の多くは、お腹いっぱい食べるのを避けているのだとか。頑張っている方は腹六分~七分、最低でも腹八分くらいに日々の食事量を抑えているのだそうです。加齢とともに減少してくるカロリー消費は、食事量を抑えたり食事内容に気を配ることで埋め合わせる必要があるんですね。

いかがでしたか?スリムな体型をキープしているアラフォー女性は、日々体型維持に気を配っているのですね。とはいえ、頑張り過ぎてストレスが溜まらないように注意が必要です。普段はヘルシーな生活を心がけつつ、飲み会や会食など特別な日とのメリハリをつけて生活していけるといいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事