食欲の秋に打ち勝つ!猛烈な食欲・空腹感を抑える5つの必勝法

食欲の秋に打ち勝つ!猛烈な食欲・空腹感を抑える5つの必勝法

「こんなに食べて大丈夫?」と心配になるほど食欲が収まらない日ってありますよね。食欲の秋といえども、過剰な食欲は肥満の元。自分では抑えられない猛烈な食欲を抑えてくれる、効果抜群の必勝法を5つご紹介いたします。

猛烈な食欲の原因は、空腹感だけじゃない?

さて、どうして食欲が湧いてくるのでしょうか。まずは食欲や空腹感の原因を把握しておきましょう。

【食欲・空腹感の主な原因】
1. 空腹(胃が空になったから)
2. 血糖値の低下
3. セロトニンの不足

本当に空腹なときに感じる空腹感以外にも、血糖値の低下やセロトニンの不足も食欲や空腹感の原因になるのだそうです。しかし、後者の2つの場合はあくまで「ニセ」の食欲であるということ。どんなに強く食欲を感じても、必ずしも身体にエネルギーが不足しているわけではないということを知っておくのも大切なポイントです。猛烈な食欲を抑えるためには、実際に空腹をごまかしたり「ニセ」の食欲を抑える必要があるということですね。

食欲・空腹感を抑える5つの方法

では、実際に食欲や空腹感を抑えるのに効果的な方法を5つご紹介します。

【食欲や空腹感を抑える効果的な方法とは】
1.食事は野菜から箸をつける
「いただきます」の後にすぐ炭水化物に箸をつけると、血糖値が急上昇のち急降下します。このため、食後すぐに空腹を感じやすくなってしまうと言われています。食事を野菜から食べ始めるようにすると、血糖値が緩やかに上昇していくため、食後にしっかり満腹感を得ることができるのだとか。どうしても間食や夜食がやめられないという方は、食事のときに箸をつける順番を気にしてみましょう。

2.歯を磨く
何かが食べたくて仕方がない、というときは洗面所に立って歯を磨いてしまいましょう!歯磨き粉をつけて歯を磨くと、口の中がスーっとしてあまり物を食べたくなくなることもあるそうです。

3.炭酸水を飲む
炭酸水はガスが含まれているため、胃を膨らませて空腹感を抑えてくれる効果が期待できます。炭酸水を常備・携帯しておくと、急に猛烈な食欲に襲われたときでも対処できますね。しかし、ここで注意していただきたいのは「炭酸水≠炭酸飲料」ということです。甘味料の入った炭酸飲料を飲んでしまっては、食欲を抑えることができても効果は半減。血糖値が急上昇・急降下し、さらに食欲を煽ることにもなりかねないので、0kcalの無糖の炭酸水を飲むようにしましょう。

4.寝てしまう
家にいる時など、環境が許す場合は思い切って寝てしまうのも一つの手です。眠っている間は食べることができない、というのも一つの理由ですが、実は、睡眠時間と食欲には密接な関係があるということをご存じでしょうか?睡眠不足の状態にあると、食欲を増進させるホルモン「ブレリン」が多く分泌され、反対に食欲を抑制するホルモン「レプチン」の分泌が減ってしまうのだとか。睡眠をしっかり取れていないときの過剰な食欲は、それらのホルモンが原因かもしれませんね。

5.食べる以外の好きなことをする
好きな音楽を聴く、お気に入りの写真集を眺める、友達と電話で他愛もないおしゃべりをする…など、食べること以外で自分が楽しいと思うことに手をつけてみましょう。好きなことに没頭していると、体内でセロトニンの分泌が促されるそうです。神経伝達物質の一つであるセロトニンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれる物質。食欲を抑えてくれる働きもあるとされています。自分の好きなことをしているだけで食欲が抑えられるので、気軽に行える対策と言えますね。

いかがでしたか。過剰な食欲をコントロールできないときは、自分に対しても嫌な気持ちになってストレスが溜まってしまいますよね。どうしても食欲や空腹感に負けてしまいそうなときには、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事