ダイエット中も罪悪感なく食べやすい!「ベジチーズ」の作り方

ダイエット中も罪悪感なく食べやすい!「ベジチーズ」の作り方

この季節になると熱々のトロッととろけるチーズフォンデュが食べたくなりませんか?しかし、チーズは高カロリーなのでダイエット中は避けられがち。そこで今回ご紹介するベジチーズで、思う存分チーズ料理を堪能していただきたいと思います!

ダイエット中でも◎ベジチーズの作り方〜酒粕粉チーズ編〜

ベジチーズとは牛乳やバターといった動物性食品を一切使用していないベジタリアン向けチーズのこと。低カロリーかつお財布にも優しい食品なのでまとめて作り、冷蔵庫に常備しておくと良いでしょう。

まずは酒粕を使った粉チーズの作り方をご紹介します。今回はごく基本のレシピですが、もう少し風味が欲しい方はおろしにんにくやバジルなどのスパイスを加えてもOKです。

【酒粕粉チーズの作り方】
<材料>
・酒粕 70g
・米粉 50g
・オリーブオイル 大さじ2
・塩 小さじ1

<作り方>
1.酒粕を冷蔵庫から取り出し、常温に戻して柔らかくしておきます。
2.ボウルに1の酒粕と材料を全て加え、しっかり手でこねましょう。
3.天板にクッキングシートをひき、その上に2の生地を均一に広げましょう。
4.150度に予熱したオーブンで10〜15分加熱します。
5.粗熱を取り、ビニール袋に入れて手や瓶で外側から細かく砕いて完成です。

<POINT>
酒粕粉チーズは冷蔵庫で1ヶ月程保存することが可能です。パスタのトッピングにはもちろん、シーザーサラダやおにぎりにまぶして食べるのもおすすめ!

ダイエット中でも◎ベジチーズの作り方〜とろけるベジチーズ編〜

続いて、とろけるベジチーズの作り方をご紹介します。朝食用のパンにつけてトーストしたり、温野菜にディップしたりとお好みでアレンジしてみてくださいね。

【とろけるベジチーズの作り方】
<材料>
・豆乳 250ml
・白玉粉(ない場合は片栗粉でもOK!)大さじ3
・味噌 大さじ1杯半
・塩 小さじ1/4
・酢 小さじ2
・なたね油 大さじ1

<作り方>
1.全ての材料をミキサーに入れて撹拌します。
2.1を小鍋に移し、中火にかけます。クリーム色に変わるまで2〜3分程しっかりヘラでかき混ぜましょう。

いかがでしたか?ダイエット中でも存分に堪能できるベジチーズ。美味しく食べながら減量したいという女性は是非参考にしてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事