「テロメア」を伸ばして若返り!? おすすめのアンチエイジング食品

「テロメア」を伸ばして若返り!? おすすめのアンチエイジング食品

いつまでも若々しいお肌と体をキープしていきたい…そんな願いを叶える夢のような方法があるんです。それは細胞内の染色体の端にある「テロメア」という部分に着目したアンチエイジング法。食生活によりテロメアの長さを伸ばすことが若返りの鍵に!?

「テロメア」を伸ばす!おすすめのアンチエイジング食品

細胞内の染色体の端にある「テロメア」は、細胞分裂を繰り返すたびに少しずつ数が減り短くなっていきます。テロメアが短くなると、例えば皮膚にハリを作るためにコラーゲンを分泌するなど、これまで行われていたはずの仕事を細胞がサボり始めるため、皮膚がたるみシワができたりと老化が進行してしまうのだそうです。

ただし、テロメアはビタミンB群の一種である葉酸を摂取することで長さをキープしたり、短くなるスピードを遅らせることができるのだそうです。

【葉酸を多く含む食品とは】
<肉・魚介類>
・鶏レバー
・牛レバー
・豚レバー
・うなぎ
・すじこ

<野菜>
・枝豆
・モロヘイヤ
・芽キャベツ

<大豆製品・海藻類>
・納豆
・焼き海苔
・わかめ

葉酸たっぷり!鶏レバーを使ったアンチエイジングレシピ

ビールとの相性も抜群!鶏レバー入り揚げ餃子の作り方をご紹介します。今回はごく基本のレシピですが、カレー粉やチーズを加えて洋風にアレンジするのもおすすめですよ。

【鶏レバー入り揚げ餃子の作り方】
<材料>
・鶏レバー 70g
・豚挽肉 30g
・キャベツ 2枚
・ねぎ 1/2本
・生姜 1片
・ニンニク 1片
・醤油 大さじ1/2
・塩 適量
・ごま油 小さじ2
・餃子の皮 13〜15枚
・サラダ油 適量

<作り方>
1.レバーを水で洗い血抜きしたら粗みじん切りにしましょう。
2.ねぎ、キャベツ、ニンニク、生姜をみじん切りにします。
3.2のキャベツを塩もみし、3〜5分程置いたら水で洗い手でしっかり水気を絞りましょう。
4.ボウルにサラダ油と餃子の皮以外の材料を全て混ぜ合わせます。
5.4のタネを餃子の皮で包みます。
6.180度くらいに熱したサラダ油で両面キツネ色になるまで揚げましょう。

いかがでしたか?食事を通してテロメアにアプローチするエイジングケアも◎ですが、運動をしたり、質の良い睡眠をとることもテロメアを伸ばす大切なポイントと言われています。若々しい見た目年齢を維持するためにも、是非一度普段の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事