少しの刺激でもヒリヒリ…秋のゆらぎ肌と向き合うスキンケア

少しの刺激でもヒリヒリ…秋のゆらぎ肌と向き合うスキンケア

季節の変わり目には、肌がゆらぎやすくなると言われています。いつも使っている基礎化粧品でさえヒリヒリするからスキンケアをするのもためらってしまう…と悩んでいませんか?そこで、秋のゆらぎ肌と向き合うスキンケア方法をご紹介していきます。

秋になるとゆらぎ肌になりやすい理由って?

秋になった途端、少しの刺激でさえ肌が敏感になり肌の調子が良くないと感じるのは、 夏の紫外線などのダメージによりバリア機能が低下した肌が、気温・湿度がぐんと下がったり乾燥しやすくなることで刺激に過剰反応してしまうのが原因だと言われています。ゆらいだ状態が悪化すると、どんどん肌のバリア機能が低下して敏感肌を招いてしまうこともあるため、早めの対策が大切ですよ。

夏のダメージを修復!秋のゆらぎ肌向けスキンケア

夏に受けたダメージを修復するためには、美白ケアよりもまずは保湿ケアに力を入れていきましょう。 汗をかいたり皮脂が分泌されやすい夏はさっぱりとした使い心地の基礎化粧品を使ってお手入れをしていたという方が多いのではないでしょうか。秋も夏と同じさっぱりしすぎた基礎化粧品を使うとせっかくお手入れをしても乾燥を防ぐことが難しくなってしまいます。秋は保湿効果の高い化粧水、乳液、クリームを取り入れて丁寧に保湿ケアをしてくださいね。

また、秋向けの基礎化粧品を揃えてきちんと保湿ケアをしていても、ゴシゴシ擦るような洗顔やクレンジングをしているとゆらぎ肌の原因になってしまいます。刺激を与えるような洗顔やクレンジングは、肌本来の保湿成分まで流れ出して乾燥スピードが速まってしまうので気をつけましょう。洗顔は1日2回、洗顔料やクレンジング料は洗浄力がマイルドなものを選ぶといいですね。

さらに秋は涼しいからと紫外線対策を怠っているとゆらいだ肌に紫外線がダイレクトに降り注ぎ、大きなダメージを与えてしまいます。ゆらぎ肌はバリア機能がぐんと低下していて紫外線がより強く肌に届いてシミにもつながってしまうこともあるため、紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを使ってきちんと紫外線対策をしていくといいでしょう。

秋のゆらぎ肌にはインナーケアも重要!

また、質の良い睡眠時間の確保や体を冷やさないこと、野菜や大豆類を含んだバランスの良い食事をすることなど、インナーケアも欠かせません。インナーケアにも力を入れていくことで、秋のゆらぎ肌にアプローチすることができますよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事