トリートメントとコンディショナー、どっちを使う?髪に合った選び方

トリートメントとコンディショナー、どっちを使う?髪に合った選び方

シャンプーをしたあと欠かせない、髪の毛のダメージ補修やツヤを与えるために使うコンディショナーやトリートメント。どちらも同じように見えますが、実は得られる効果がそれぞれ違います。自分の髪質に合ったものを選んで美しい髪に近づきましょう。

シャンプー後の「コンディショナー」と「トリートメント」どっちを使えばいいの?

シャンプーだけでヘアケアを終わらせると、きしみ、パサつき、髪の毛の絡まりなどが気になってしまうため、コンディショナーやトリートメントが欠かせないですよね。でも、お店にずらっと並んだコンディショナーやトリートメントを見ると一体どれを選べばいいの?と迷ってしまいませんか?コンディショナーとトリートメントはそれぞれ違う役割があるため、自分の髪質に合ったものを選びましょう。

「コンディショナー」と「トリートメント」の大きな違い

コンディショナーとトリートメント、どれも同じ効果があるイメージがありますが、どちらも違う特徴を持っています。

コンディショナーは、髪の表面を優しく保護しつつ、髪と髪との絡まりやきしみを防ぎ、なめらかなツヤを出してくれる役割が。コンディショナーはリンスと働きが似ていますが、髪表面を保護する働きがリンスよりもコンディショナーのほうが強いと言われています。

トリートメントは美容成分や潤い成分を髪の内部に浸透されることで、コルテックスに栄養を届けて髪の内側からダメージを補修してくれるという役割があります。コンディショナーよりも、指通りがなめらかでするんとまとまる髪に近づけてくれますよ。

コンディショナーは、髪の表面を保護することが主な役割なので、ダメージを受けていない髪の毛や、しっとりとした仕上がりが苦手な方、サラサラのなめらかな髪になりたい方におすすめです。一方でトリートメントは、髪の内部に栄養を届けることでダメージ補修をしてくれるため、ダメージが酷い髪の毛や、しっとりまとまる髪、ツヤのある髪を手に入れたい方におすすめだと言えるでしょう。コンディショナーかトリートメント、どちらにしようか迷っている時には、自分の髪質・目指したい髪に合わせて選んでみるといいかもしれませんね。

コンディショナーやトリートメントをつけるとき、頭皮につけると毛穴が詰まって頭皮トラブルを引き起こしてしまう場合があるので、必ず毛先中心に優しく馴染ませましょう。

「コンディショナー」と「トリートメント」を使い分けてまとまる髪に

秋や冬になるとだんだん空気が乾燥して髪のパサつきに悩まされがち。自分に合ったコンディショナーやトリートメントを見つけてヘアケアに力を入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事