寝癖がついて朝からバタバタ…朝のスタイリングをぐんと楽にする方法

寝癖がついて朝からバタバタ…朝のスタイリングをぐんと楽にする方法

忙しい朝に限って寝癖がくっきりとついて、直すのに時間がかかってしまいがち。寝癖がつくとブラッシングをするだけでは思うように真っ直ぐになりませんよね。寝癖がついて忙しい朝にバタバタしないためにも、前日のヘアケアをしっかり行っておきましょう。

寝癖のせいで毎朝スタイリングが大変…

朝起きて鏡を見ると、寝癖が酷くてどうしよう…と焦ったことはありませんか?寝癖がくっきりついていて、くしでとかしてもなかなか髪の毛がまとまらずにスタイリングがうまくできない、と悩んでいる方は、前日のヘアケアに力を入れて寝癖対策をしておくことをおすすめします。

寝癖をつけないための前日ヘアケアのポイントとは?

寝癖を予防するには、前日のヘアケアとほんの少しの心がけが大切!簡単にできる方法なので、今日の夜からチャレンジしてみてくださいね。

まずは髪の毛が濡れたままの状態で寝ないことが基本中の基本。シャンプー後はなるべくすぐにドライヤーで乾かしておきましょう。髪の毛が濡れたままだと、ちょっとした摩擦でも負担になりやすく、枝毛や切れ毛の原因になってしまうと言われています。

また、完全にドライヤーで乾かしたつもりでも、実は十分に乾かしきれていないことが多いので、吸水性の高いタオルで水分を優しく取ってから念入りにドライヤーで乾かしましょう。ドライヤーで乾かす前に洗い流さないトリートメントを毛先中心に馴染ませてドライヤーの熱から守ってあげることも忘れずに!

髪の毛をしっかり乾かしたら、寝る前に柔らかいヘアゴムでゆるく三つ編みやお団子、サイドポニーテールなどに結んでおくと寝癖がつきにくくなっておすすめです。結ぶ時のポイントは分け目をジグザグにしておくこと。くっきり分け目をつくってきつく縛ると、起きたときに跡が残ってなかなか直らなくなってしまうので、ゆるめに結んでくださいね。

また、寝ているとき常に髪の毛に触れているのが枕。寝返りを打つと髪の毛が擦れて負担がかかりやすいため、柔らかい肌触りのコットン素材やツルツルで摩擦が少ないシルク素材でできた枕カバーをつけるといいでしょう。 枕カバーはこまめに取り替えて清潔な状態をキープしておくことをおすすめします。

もう寝癖に悩まない、するっとまとまる髪の毛へ!

洗い流さないトリートメントをつけてからきちんとドライヤーで乾かし、髪の毛をゆるく結んでおくことで、次の日のスタイリングがぐんとラクになるはずですよ。毎朝寝癖に悩まされている方は、ぜひ試してみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事