ノンカフェインで体に優しい!黒大豆コーヒーの作り方についてご紹介

ノンカフェインで体に優しい!黒大豆コーヒーの作り方についてご紹介

カフェインが苦手だったり、妊婦さんや、胃がキリキリするなどコーヒーが飲みたくても飲めない…という方もいることでしょう。そこでおすすめしたいのが体の調子や時間帯を気にせず飲むことができるノンフェインタイプの黒大豆コーヒーです。

ノンカフェインが体に嬉しい!「黒大豆コーヒー」に期待できる効果

黒大豆コーヒーを飲むことで一体どのような効果が期待できるのでしょうか?早速チェックしていきましょう。

【黒大豆コーヒーに期待できる効果】
<アンチエイジング効果>
黒大豆には「アントシアニン」という抗酸化成分が含まれており、老化の原因となる活性酸素の働きを抑えしわ・たるみなどの肌トラブルを防ぎます。

<PMSの改善>
黒大豆コーヒーに含まれる「イソフラボン」という成分には女性ホルモンの一種エストロゲンと同様の働きを持っていることから、ホルモンバランスの乱れを整え生理痛やPMSを改善する効果が期待できます。

<ダイエット効果>
脂肪の燃焼をスムーズにする働きがある「サポニン」が豊富に含まれています。

〜おすすめの飲み方〜
黒大豆コーヒーはストレートで飲むとほんのりほろ苦いですが、あっさりしていて飲みやすいのが特徴です。甘味料を加える場合は、シロップや白砂糖よりも黒砂糖がおすすめ。黒砂糖は大豆製品と相性が良く、まるで黒蜜をかけた和スイーツのような風味を楽しむことができます。

自宅で簡単!「黒大豆コーヒー」の作り方

それでは早速、黒大豆コーヒーの作り方をご紹介します。

【黒大豆コーヒーの作り方】
<材料>
・黒大豆 50g

<作り方>
1.黒大豆をフライパンに入れます。10分間を目安に左右にゆさゆさとフライパンを動かしながら中火で焙煎していきましょう。(※焙煎の時間を5〜7分以内に抑えると黒大豆茶としてお召し上がりになれます。)
2.炒った豆を冷まし、コーヒーミルで挽きましょう。
3.黒大豆コーヒーを大さじ1杯程お茶パックの中に包みます。
4.マグカップに3を入れ、熱湯180mlを少しずつ注ぎ入れます。
5.パック(お好みの濃さになるまでしばらく浸す)を取り出して完成です。

いかがでしたか?味の美味しさはもちろん、美容・健康効果も期待できますのでコーヒー好きの女性は是非一度お試しください。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事