ヘアカラーが早く色落ちする原因・おすすめのお手入れ方法について

ヘアカラーが早く色落ちする原因・おすすめのお手入れ方法について

せっかく美容院でおしゃれな髪色に変えてもらったものの、数週間も経たない内に色落ちし黄色くなってしまった…という苦い経験がある女性は意外と多いのではないでしょうか?理想的な髪色をキープするにはまず、色落ちの原因について把握することが大切です。

ヘアカラーが早く色落ちしてしまう原因とは?

色落ちの原因は様々あり、それぞれの原因が組み合わさると更に悪化してしまうためしっかりと見極めるようにしましょう。

【ヘアカラーが早く色落ちしてしまう原因】
<元々の髪質やダメージ具合>
髪が細く、柔らかい髪質の方は髪の内側に染料を溜め込む空間が少ないため毎日のシャンプーなどで早く褐色化する傾向にあります。また、紫外線・乾燥、アイロンの熱、パーマを頻繁にかけるなどの要因によって、髪がダメージを受けると染料を内部に閉じ込めるキューティクルが剥がれ落ちるのでカラーリングをしても綺麗に発色せず、すぐに色落ちしやすくなることも。

<薬剤や色の種類>
美容院が使用している染料メーカーの場合、あまり大差はありません。ただし、ドラッグストアなどで手に入る市販のものは染まりが悪いと同時にダメージも大きいため髪の健康のことを考えると使用は控えた方が良いでしょう。また、ブラウンをベースとしたカラーリング剤は比較的染まりがよく髪の内部に留まりやすいそうですが、それ以外の色は早く色落ちしたり髪がワントーン明るくなってしまう可能性も…。「明るくならないように髪色を長期的にキープしたい」「短期間だけでも構わないので好みの色にチャレンジしたい」などなど、自分自身の希望を伝え美容師の方にしっかり相談するようにしましょう。

ヘアカラーを長持ちさせる!おすすめの対策

それではヘアカラーを長持ちさせるには具体的にどのようなことを実践すれば良いのかご紹介します。

【ヘアカラーを長持ちさせる!おすすめの対策】
<シャンプーを変える>
市販のシャンプーは洗浄力が高く色落ちが早いため、美容院で販売しているアミノ酸系もしくはベタイン系のシャンプーを使用することをおすすめします。アミノ酸系、ベタイン系のシャンプーは刺激が少ないことに加え、洗浄成分自体が髪の栄養になるため長期的に使用することで色持ちがよくなるそうです。

<髪の毛は毎日しっかり乾かす>
髪の毛が濡れた状態のまま寝てしまうと布団や枕の上で摩擦がかかり、キューティクルが簡単に剥がれ落ちてしまいます。お風呂から上がったらできるだけ早めにドライヤーで乾かすようにしましょう。

<洗い流さないトリートメント>
乾燥やアイロンの熱などのダメージから保護するために、洗い流さないトリートメントを毎日使うようにしましょう。クリーム・ミスト・オイルと3種類ありますが、髪の保護を優先するにはオイルタイプの商品が最適です。

ヘアカラーの色落ちの原因と対策についてご紹介しました!より楽しくおしゃれを楽しむためにもこの機会に毎日のヘアケア習慣を見直し、艶のある綺麗な髪の毛を維持していきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事