乾燥肌を潤い美肌に変える効果あり?! 発酵食品の秘めたパワーとは

乾燥肌を潤い美肌に変える効果あり?! 発酵食品の秘めたパワーとは

すっかり肌寒くなり、冷えや乾燥が気になる季節になりました。乾燥肌対策には、内側からのケアも非常に重要です。乾燥肌の強い味方になってくれるの食材は「発酵食品」。今回は、この「発酵食品」の持つ秘めたパワーについてご紹介致します。

寒い時期は美肌を保ちにくい!? 乾燥肌の原因とは

乾燥肌が起こる原因は、角質層のバリア機能の低下によるものだと言われています。寒さで気温が下がると、体温の低下により血流が悪くなります。それとともに肌のうるおいをキープするための水分量や油分量が減少しバランスが崩れるためバリア機能が正常に働かず、乾燥肌を引き起こしてしまうのです。空気の乾燥だけでなく、エアコンの風による乾燥や入浴時の洗いすぎ、また紫外線や加齢によっても乾燥肌を招くと言われています。

乾燥肌対策に効果的な発酵食品の秘めたパワーとは⁈

私たちの普段の食事の中に乾燥肌を撃退してくれるすごいパワーを持つ食べ物があります。それが、味噌や醤油、納豆やキムチなどといった発酵食品です。

発酵食品は、はるか昔から人々の食事に欠かせない体に良い食品として知られていますが、乾燥肌にも最適だと言われています。

なぜなら、発酵食品には食べ物を消化するための「酵素」がたくさん含まれているからです。「酵素」は、新陳代謝を高めるパワーを持つ栄養素です。新陳代謝がアップすることで肌のターンオーバーも正常になり、水分量と油分量のバランスが良くなることで乾燥の予防が期待できます。

また発酵食品は、微生物の力で栄養価がぐんと高く、さらに発酵により栄養の吸収力も高いので、良い栄養をたくさん体に取り入れる力があるほか、腸内環境をキレイにしてくれる働きやデトックス効果も期待できます。

発酵食品を上手に食事に取り入れて乾燥肌対策を

昔から日本人が食してきたお味噌汁や納豆、ぬか漬け等、日本の食生活に欠かさず取り入れられてきた発酵食品。医療が今ほど発達しておらず、化粧品も少なかった頃、発酵食品を取り入れた食生活は、健やかな毎日を送るために理にかなったものだと言えます。

魚を焼く際に醤油麹や塩麹を使用してみたり、甘いものが欲しくなったら甘酒と豆乳を割って温めて飲んでみたり。寒い日が続く中で、身体を温め、乾燥を予防する発酵食品を上手に日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

化粧品だけに頼らず、腸内環境を整える食生活でお肌と身体の力を高め、発酵食品で身体の内側からしっかり潤うお肌を目指していきましょう!
 Profile
<執筆>
増子 光世(ますこ みつよ)
日本ビューティーフード協会インストラクター
−10kg のダイエットに成功したことを機に美容や健康にいいことを日々研究中。
ブログ:https://ameblo.jp/shining-warld/

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事