秋から冬のスキンケアは肌の冷えを解消することから始めてみて!

秋から冬のスキンケアは肌の冷えを解消することから始めてみて!

きちんとスキンケアをしているのに、鏡を見ると肌に血色感がなくてくすみ気味…と悩んでいませんか?もしかしたら、それは肌の冷えが原因になっているかもしれません。秋冬は肌が冷えやすいため、冷えを解消しつつ健康的な血色感を取り戻しましょう。

寒くなると体だけでなく肌も冷えやすい…

秋から冬にかけて空気の乾燥や気温の低下によって肌が冷えやすくなると言われています。肌の冷えはゴワつきやカサつき、肌に柔らかさがなくなったりキメが粗くなることで、化粧水や美容液などの基礎化粧品の浸透力が低下してしまいます。

さらに、肌が冷えると血流が悪くなって肌に必要な栄養素がきちんと行き渡らなくなったり、代謝が鈍ることでむくみにつながる場合も…。体が冷えていると感じた時には、肌も冷えている可能性があるので、そのままにしないことが大切ですよ。

肌を温めて柔らかさを取り戻す簡単な方法って?

肌の冷えを解消するためには、まず肌を温めることが重要です。ですが肌を温めようとして、熱いお湯で顔を洗うと肌に必要な皮脂や潤いまで落とし過ぎてしまうので気をつけてくださいね。

肌を温めて柔らかさを取り戻すには、クレンジング前やスキンケアの前にホットタオルを使うことをおすすめします。濡らしたタオルを電子レンジで500〜600Wの場合1分ほど加熱したら、顔全体に乗せて2分ほど肌を温めます。あとは普段通りのクレンジングやスキンケアをしていくだけ!ホットタオルは朝起きて肌がくすんでいるときにも効果的ですよ。

また、乳液やクリームを多めにつけてマッサージケアをするのもいいですね。目のクマが目立つ時には、ホットアイマスクやホットタオルを目元に当てて血流を促進して、アイクリームを塗りながら優しくマッサージを。朝のメイク前にマッサージをすることで、肌がぱっと明るく見えるはずです。

化粧水や乳液などの基礎化粧品をつける際には、手のひらを擦り合わせて温めておくこともおすすめします。ホットタオルで顔を温めていても、手のひらが冷えていると浸透しにくくなってしまうため、手を温めてから顔全体を手のひらで優しく包み込むようにじっくりと浸透させてみてくださいね!

肌を温めてスキンケアすることが美肌への近道

身体が冷えると健康や美容に良くないことは多くの方がご存じですね。しかし、肌の冷えもくすみ・ごわつき・キメの乱れなどにつながるため注意が必要です。まずは肌を温めてからスキンケアをしてあげることを心がけて、自然な血色感を取り戻してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事