肌荒れはスマホいじりが原因?クセや習慣で起こる肌トラブルを防げ!

肌荒れはスマホいじりが原因?クセや習慣で起こる肌トラブルを防げ!

日常的に肌荒れにお悩みの方は、体質以外にも普段のクセや習慣が大きく影響していることもあります。スマホいじりもその一つで、雑菌が付着したスマホを触った指で顔を触ったりすることで、余計な肌トラブルを招くこともあるのだとか!

肌荒れの原因はスマホだった?汚れた画面をいますぐキレイにしよう!

美肌への探求は尽きないものの、ストレスや食生活によって、肌のコンディションは大きく崩れてしまいます。

睡眠もスキンケアもしっかりやっているのに、なかなか肌荒れが治らない!そんな人は、もしかしたら普段の何気ない行動や習慣が原因の可能性もあるのです。

なかでも注意したいのがスマホいじり。手はいろいろなところに触れる機会が多いパーツなので、多くの雑菌が付着しています。ほとんどの人がスマホを触る機会が日常的になっていますので、タッチする画面にも多くの菌が付着しています。

あまり手で画面を触れない場合でも、たとえば通話した後、画面にはたくさんの皮脂やファンデーションの汚れが付きますので、衛生的とは言えません。

サッとタオルやティッシュで拭き取るだけでは、雑菌を取り除くには不十分です。見た目は皮脂汚れも取れたように見えるのでキレイに感じますが、アルコールが入ったウェットティッシュなどで拭き取って清潔に保つように心がけましょう。

スマホだけじゃない!顔を触るクセがある人は肌トラブルになりやすい?

何気ない行動や習慣による肌荒れの原因は、スマホ以外にも。手で顔や髪をよく触る人は要注意です。

電車のつり革や手すり、トイレのドアノブなど、手は雑菌との接触がとても多いため、よく手で顔を触るクセがある人は、知らず知らずのうちに、顔に雑菌をつけていることもあるのです。

鼻を触るクセや、頬杖をつくクセがあったりすると、肌荒れにつながる可能性は出てきます。特に髪を触っている人は、ワックスなどの整髪料が手に付着して、顔にも付きやすくなります。

またできてしまったニキビを、汚れた手で触るのはNGです。気になるのはわかりますが、炎症を悪化させて跡になったり、シミにつながる可能性がありますので、注意しましょう。

普段からスマホを触りまくって、全く拭いていない!という人や、顔をよく触るクセがある人は、普段の習慣を見直してみると肌荒れ改善につながるかもしれません。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事