【美肌作用も】ビタミンCたっぷりのイチゴで髪の健康を守る!

【美肌作用も】ビタミンCたっぷりのイチゴで髪の健康を守る!

イチゴはビタミンCが多く、100g中に62mgも含まれています。ビタミンCが多く含まれる果物のトップ3は、アセロラ、グァバ、ゆず果皮です。しかし、手に入りやすさという点や食べやすさという点を考えると、イチゴはビタミンCが豊富な果物としておすすめの果物です。

イチゴには、健康維持パワーが豊富!

成人が1日にとるとよいとされるビタミンCの量は100mgなので、イチゴをおおよそ8〜10粒ほど食べれば十分にクリアできます。ビタミンCは、抗ストレス作用や抗酸化作用があり、日ごろからストレスを多く感じている方、風邪をひきやすい方、たばこを吸っている方は意識してとりたい栄養素です。

また、イチゴには、ビタミンCと同様に抗酸化作用を持つポリフェノールや、老廃物の排出を促しやすくするカリウム、便秘予防になりコレステロールを下げる食物繊維など、ビタミンC以外の栄養素も豊富にしっかりと含まれています。

美肌や髪の健康にも期待できるビタミンC

ビタミンCが持っているのは、健康維持パワーだけではありません。ビタミンCには、肌のハリや弾力を作るコラーゲンの生成を助ける、紫外線から肌を守りシミを予防するなどの美肌作用もあるのです。特に女性にとっては嬉しいビタミンのひとつですね。

また、頭皮の健康状態も髪の状態に影響を与えます。たとえば、真菌(カビの一種)や皮脂が多い体質、ストレス、過労などといった要素によって、頭皮のフケ、炎症やかゆみ、地肌が赤くなったりする“脂漏性皮膚炎”という疾患なども、頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。

脂漏性皮膚炎の治療には、ビタミンBやビタミンCが処方されることもあります。特にビタミンBは皮膚の状態を改善する働きがあるので、治療だけでなく脂漏性皮膚炎を予防する効果も期待できます。イチゴはビタミンCだけでなくビタミンBも含まれているので、頭皮の健康を維持するのにも効果を発揮しそうですね。

頭皮の皮脂が過剰に分泌される原因は脂漏性皮膚炎だけではありません。普段の食事で油っこいものや甘いものを食べることが多いと、体内の脂肪が増えて、頭皮の皮脂の分泌を多くしてしまい、髪の健康が損なわれてしまいます。髪の健康を守るためにも、普段からバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

この点でも、イチゴは100gあたりのカロリーが34kcal、イチゴ1個でおおよそ4〜5kcalと低カロリーです。ダイエット中に甘味が欲しい方には、甘いお菓子のデザートよりも、栄養素が詰まったイチゴがおすすめ。

イチゴは洗ってすぐに食べられるので、朝の忙しい時間に手軽に栄養素を補給できます。間食にもぜひ、イチゴをとり入れてみましょう。

統計データ

年に3回以上、イチゴを食べていない人は、人よりも薄毛になりやすくなるリスクが2.89倍になります。

A: 年に3回以上、イチゴを食べていますか?
B: 人よりも薄毛ですか?

集計数:309人
・オッズ比  AをしないとBになるリスクがX倍になることを示しています。
・信頼度  信頼度はデータの関連性の正しさを表しています。
(統計学のZ検定を使用)
>数値の見かたはこちら

いちごについて

悩めるブス肌にストロングベリー!!
見てかわいく、甘酸っぱい香りに、ほとばしる果汁! それだけで“愛されフルーツナンバーワン”と言えるいちごは身体の中でも大活躍してくれるんです。 美しくなりたければ、そのお菓子を食べる手を止めて、いますぐいちごを頬張るべし!

いちごの選び方

へたの緑色が濃く、みずみずしくてピンとしているのが新鮮な証拠。果肉の表面にハリ、ツヤがあるものを選ぼう。へたのまわりが白いものは熟していない場合があるので避けたほうがよい。

いちごの保存方法

すぐ食べるのが望ましいが、食べきれない場合はペーパータオルを敷いたバットに重ねずに入れ、ラップやふたをして冷蔵庫の野菜室に保存しよう。1~2日は風味が変わらずに楽しめる。

いちごと豆乳のババロア

ヘルシーな豆乳で作るビタミンCも健在のプルプルデザート
食欲と乙女心をそそるピンク色のいちごババロア。こちらは牛乳ではなく豆乳で作る大人のヘルシーバージョンだ。豆乳独特のコクとまろやかさがいちごにぴったり。いちご本来のピュアな味を生かすよう、甘さ控えめに仕上げよう。口に入れた瞬間にトロンととろける食感もやさしく、たくさん食べてしまいそう。  137kcal

作り方
1.いちごは飾り用に4粒を残し、へたを取ってミキサーにかけ、ピュレ状にしておく。 40gはソース用として分けておく。 ゼラチンは分量の水に振り入れ、ふやかしておく。
2.(1)のピュレ(約200g)・Aを鍋に入れ、火にかける。 砂糖が溶けたら火から下ろ し、 (1)のゼラチンを加え、溶かす。
3.こし器でこし、豆乳を加える。 ボウルごと氷水にあて、とろみをつける。
4.生クリームを八分立てにし、 (3)に加え、均一に混ぜ合わせる。
5.深めの容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
6.ソースを作る。(1)のピュレ40g・Bを鍋に入れ、 火にかけてひと煮立ちさせる。 粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしておく。
7.器に(5)を盛り、(6)をかけ、飾り用のいちごを添える。

料理のキメテ
いちごは煮るのではなくピュレにして加えるため、 ビタミンCの破壊が最小限に抑えられる。豆乳は鉄分が牛乳の約10倍あり、 血の巡りをよくしてくれる。

材料
いちご1パック
A
砂糖大さじ4
ゼラチン大さじ1/2
水(ゼラチン用)大さじ1と1/2
豆乳1/3カップ
生クリーム1/4カップ
< ソース >
B
砂糖大さじ1と1/2
レモン汁大さじ1/2

いちごと桜のコンフィチュール

春味を瓶に詰めてルビー色にキラキラ光る保存もきく一品
食べ残して少し古くなったいちごや、旬の終わりかけに安く売っているいちごでもおいしくできるのが魅力のコンフィチュール。手作りのコンフィチュールは添加物を入れないので意外とさらっとしている。パンにつける以外にも、ヨーグルトやアイスクリームにかけるフルーツソースとしても使えるのだ。牛乳や豆乳に溶かせば“いちご桜ドリンク”の完成!  393kcal

作り方
1.いちごは縦半分に切って、 砂糖・レモン汁と合わせて よくなじませ、30分ほどおく。
2.桜はさっと水をかけて塩を落とす。 茎・がくの部分は外しておく。
3.(1)を鍋に入れ、火にかける。 煮立ってきたら、あくをすくい、 強火で煮詰める。
4.好みの固さになったら、(2)を加え、ひと煮する。

料理のキメテ
煮たいちごは、加熱でビタミンCが破壊されて減ってしまうものの、 かさが減るのでたくさん食べられるという利点もある。また、ヨーグルトやアイスクリームにかけると、カルシウムを上手に摂ることができるという点でもおすすめ。素材感を残すため、終始強火で一気に仕上げるのがポイント。

材料
いちご300g
砂糖75g
レモン汁大さじ2/3
桜の花の塩漬け5輪

いちごのタルト

憧れの山盛りいちご! 歓声必至の グラマラスタルト
ケーキ屋さんのショーウィンドーでいちばん惹かれてしまうのはこんなタルトじゃない? 自分で作るならタルト生地に全粒粉を使って、ざっくり素朴に栄養価も高く! カスタードクリームにも豆乳を使ってとろりとまろやかにして、いちごのみずみずしさを引き立てよう。おもてなしに使えば「本当は買ったんじゃないの?」と疑われちゃいそう。 192kcal

作り方
1.室温に戻したバターをボウルに入れ、砂糖を加えて混ぜ合わせる。Aを合わせてふるい入れ、切るように混ぜ合わせてそぼろ状にする。
2.ケーキ用の丸型(約20g)に(1)を入れ、 底に押し付けるようにして敷き詰める。 170度のオーブンで15分焼き、冷ましておく。
3.ボウルに卵を割り入れ、溶きほぐす。砂糖を加え、少し白っぽくなる程度までよく泡立てる。 薄力粉をふるい入れ、ダマにならないように混ぜ合わせる。沸騰直前まで温めた豆乳を少しずつ加え、そのつどよく混ぜ合わせる。
4.(3)をこしながら鍋に入れ、中火にかける。たえず鍋底をこするようにして手早く混ぜながら火を通す。 ふつふつしてきたら、焦げないように混ぜ続け、クリームが少しさらっとしてきたら火から下ろし、ボウルなどに移す。クリームの表面にぴったりとラップをし、冷蔵庫で冷ます。
5.生クリームを八分立てにし、完全に冷めた(4)と 合わせる。丸い口金をつけた絞り袋に入れ、(2)のふちに丸く絞り出す。残りは中央に隙間なく絞る。
6.へたを取り、4等分にしたいちごをのせ、ふちに粉糖を振って、ミントを飾る。

料理のキメテ
栄養価の高い小麦の胚芽も挽いた全粒粉を使用。 食物繊維、鉄分は強力粉の約3倍、ビタミンEも多い。

材料
バター(タルト用)45g
砂糖(タルト用)25g
A
全粒粉65g
アーモンドプードル25g
塩1つまみ
卵1個
砂糖45g
薄力粉大さじ2
豆乳1カップ
生クリーム1/4カップ
いちご1パック
粉糖適量
ミントの葉適量

いちごのサワードリンク

“酸っぱ甘い”が いかにもヘルシーな使えるシロップ
『赤毛のアン』に出てくる「いちご水」を飲んでみたい! と思ったこと、ないですか? あの魅惑の赤いドリンクもこのシロップを水で割ればすぐ完成。水でなく、お酒や炭酸水で割っても、おいしくてヘルシーなドリンクになる。甘いだけでなく、りんご酢の酸味が全体を引き締めて飲みやすいけれどインパクトのある味に。果肉も一緒に楽しもう。  66kcal

作り方
1.いちごはへたを取って、細かく切る。
2.砂糖・りんご酢と(1)を合わせる。 砂糖が溶け、酢が赤くなったら出来上がり。
3.好みで水や炭酸水と割っていただく。

料理のキメテ
りんご酢は胃液の分泌を促すので、食べすぎた日にもぴったりのドリンク。 また、体内にたまった疲労物質を排出する働きがあるため、「疲れが取れない~」 というときには、いちごのクエン酸とともに栄養ドリンク代わりにグビッと1杯。 熱いお湯で割るとせっかくのビタミンCが壊れてしまうので、気をつけて。

材料
いちご150g
砂糖150g
りんご酢150ml
水・炭酸水適量

撮影/外山亮一、浜村多恵、中原一孝 監修/竹内冨貴子 フードスタイリング/阿部まゆこ、鈴木亜希子 協力/my healthy

関連キーワード

関連記事