5大栄養素が一度に!? スーパーフード「どんぐり」の美容効果にも注目

5大栄養素が一度に!? スーパーフード「どんぐり」の美容効果にも注目

秋を感じる「どんぐり」。実はスーパーフードなんです!日本では縄文時代には主食とされていた歴史があり、美容大国の韓国では国民食の1つとも言われ、どんぐり料理専門店もあるのだとか。今回は、どんぐりの栄養素や期待できる効果についてご紹介します。

スーパーフード「どんぐり」は栄養豊富で美容効果も!

韓国では専門料理店も存在するほど身近な食材「どんぐり」。最近では日本でもその栄養価や効能が注目され始めています!そんなどんぐりの嬉しい栄養価や期待できる効果をご紹介します。

【どんぐりの素晴らしい栄養価や効果について】
<5大栄養素が一度に取れる>
どんぐりの主な栄養素は約70%が炭水化物、約20%が脂肪、約6%がタンパク質です。その他にビタミンA・ビタミンC・ビタミンB1・B2・葉酸・ミネラルなども含み、5大栄養素が一度に取れるスーパーフードです。

<悪玉コレステロールを減らす優秀な脂肪酸>
どんぐりがスーパーフードと言われている理由は、それだけではありません。どんぐりには、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸、不飽和脂肪酸パルミトレイン酸が含まれており、コレステロールや中性脂肪が高めの方にもオススメです。これらの脂肪酸は余分なコレステロールを運び出す善玉コレステロールは減らさずに、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らすとても優秀な脂肪酸と言われています。

<アコニック酸がデトックス効果に>
どんぐりに含まれるアコニック酸が、体内に蓄積された重金属などの有害物質の浄化・排出を促し、デトックス効果が期待できると言われています。

<マンガンでアンチエイジング>
ミネラルの一種のマンガンも多く含まれていて、抗酸化作用があるといわれており、代謝を良くし、アンチエイジング効果が期待できると言われています。

<毛細血管を丈夫に、胃の粘膜を保護するタンニン>
ドングリの成分で1~5%ほどをしめるタンニン。多くはアク抜きの過程で除去されます。しかし残った適度な量のタンニンは毛細血管を丈夫にする働き、胃の粘膜を保護する働きがあると言われています。

スーパーフード「どんぐり」の美味しい食べ方とは

それでは、どんぐりを美味しく頂くための方法をチェックしていきましょう。

【どんぐりの美味しい食べ方】
1. 虫食いチェック 
どんぐりは虫がいる可能性もあるので、まずは、虫食いをしていないか水につけて確認しましょう!

・水に沈む→虫がいない
・水に浮く→虫がいる可能性がある

家に飾る、子供のおもちゃや工作に使う場合もこのように確認をしておくと安心です。

2. アクを抜く
どんぐりは種類によって多少の違いはありますが、アクが含まれているので、アク抜きが必要です。どんぐりをペンチやハンマーなどを使って割り、殻と薄皮を剥がします。このようにどんぐりを細かくして殻と薄皮を剝ぐと、アクを抜きやすくなります。

アクの強いどんぐりの場合は、皮を剥いたら水につけ、何度か水を変えます。火にかけると、どんぐりの渋み成分(タンニンなど)がよく抜けて、お湯が濁ってきます。茹でこぼす作業を繰り返します。どんぐりのアクの強さにより回数が変わるので、途中食べてみて、苦味を感じなければ大丈夫です。潰しやすい固さになるまで、よく茹でます。火が通ると、色が変わりますので、目安にすると良いでしょう。

3. 粉末状にする
熱いうちに裏ごしし、ミキサーやフードプロセッサーでサラサラの粉末状にすると、パンやクッキー、ケーキ、おだんご、どんぐりコーヒー、うどんなどの麺類等、様々な料理に使えます。またハンバーグのタネに混ぜて調理することもできます。たくさん採って下処理をしたら、小分けして冷凍保存しておくと、とても便利です。

いかがでしたか?これだけの栄養素を含むどんぐりをただ飾っておくだけではもったいない!ぜひ秋の料理のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか?

 Profile
<執筆>
藤井 瑠美(ふじい るみ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・栄養士・フードコーディネーター・フィンガーフードプロフェッショナル・1児の母として子供の才能を開花させる食を提案している。
ブログ:https://ameblo.jp/comfort-food-made-health

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事