「敏感肌だからベースメイクをしない」のは逆に良くないって本当⁉︎

「敏感肌だからベースメイクをしない」のは逆に良くないって本当⁉︎

少しの刺激でも肌の負担になりやすい敏感肌さんは、ベースメイクをせずに素肌でいる方がいいというイメージがありますか?ベースメイクをしないで外出すると、紫外線やほこり、乾燥などのダメージを受けやすいため、肌に優しいメイクがおすすめです。

敏感肌さんこそベースメイクをした方がいい理由

スキンケアは肌に大切なことですが、ベースメイクはなんとなく肌に負担がかかっているようなイメージがある方も少なくないかと思います。しかし、特に敏感肌さんの場合、肌に何もつけないまま外へ出ると紫外線・乾燥・ほこりなどが肌へのダメージになってしまう場合が…。敏感肌さんは肌に優しいベースメイクをして外に出ることをおすすめします。

敏感肌に負担をかけにくいベースメイク方法って?

肌を守るためのベースメイクを心がけるなら、ベースメイク商品の選び方や塗り方を工夫することが大切です。それ次第で敏感な肌の状態を悪化させることもあるので、選び方や塗り方のポイントを押さえましょう。

敏感肌さんにおすすめのベースメイクの選び方は、紫外線防止効果があるもの・保湿成分がきちんと含まれているもの・石鹸で落とせるものがポイントです。最近のファンデーションには、紫外線防止効果を備えているものが多く日焼け止め代わりにもなりますよ。

敏感肌さんの場合は、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーなど全てにおいてなるべく敏感肌用に開発された刺激の少ないものを選ぶといいでしょう。実際に使用テストを行い合格したものがほとんどなので、肌の状態を悪化させず安心して使えると言われています。初めて使う商品であれば、店頭のテスターや試供品などを試してお肌に合うか確認しておくことも大切です。

ベースメイクの仕方は、まず化粧下地をパール粒大手に取り、両頬・額・鼻などに置いて顔の中心から外側に指先で均一に指先でのばします。きちんと伸ばしたら、手のひら全体で包み込むように馴染ませましょう。そしてあらかじめニキビ跡やシミなどの気になる部分はコンシーラーでカバーしておくと、顔全体につけるファンデーションの厚塗りを防ぐことができますよ。

パウダーファンデーションやルースパウダーは、刺激を少なくするためにもふんわりとしたパフで肌に置くようにつけることがポイント。鼻筋は上から下に向かうように、小鼻や口元、目元などの細かい部分はパフを半分に折ってつけると綺麗に仕上がります。

敏感肌と向き合いつつ、肌を守るベースメイクを

敏感肌だからベースメイクはしちゃいけないのかな?と思っている方は、紫外線や乾燥などから肌を守るためにも、敏感肌向けのベースメイクアイテムを使いましょう。クレンジングが肌の負担になるのが不安な方は、洗顔料だけで落とせるミネラルファンデーションなどを選んでみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事