お米を置き換えで無理なくダイエット!「カリフラワーライス」とは

お米を置き換えで無理なくダイエット!「カリフラワーライス」とは

糖質が高いお米は、ダイエット中はなるべく控えたいですね。しかし、食べるのを我慢するダイエットって結構ツライ...そこで、ご紹介したいのが「カリフラワーライス」を活用したダイエットです!カリフラワーライスにはどのような効果があるのでしょうか?

ダイエットに役立てよう!「カリフラワーライス」とは?

「カリフラワーライス」とは、ニューヨーク発祥のもので、無理なく糖質が制限出来るとして、海外セレブやモデルの間でも人気があるダイエットフードです。名前の通り、カリフラワーを細かくカットして、お米の代わりに食べるのですが、カリフラワーは栄養豊富で、美容にも良い成分がたっぷり含まれているんですよ!

【カリフラワーライスがダイエットや美容に良い理由とは?】
◎低糖質・低カロリー
ダイエットに向いているとされる最大の特徴は、カロリーが低く、低糖質なこと!細かくカットすると見た目がお米のようなので、置き換えにも適しています。

◎ダイエットに欠かせないビタミンB群が豊富
ビタミンB群は代謝を高め、体内に脂肪が溜まるのを防いでくれる効果が期待できます。

◎美肌・美白効果
カリフラワーには「ビタミンC」がレモンに負けないくらい含まれています。カリフラワーに含まれるビタミンCは、食物繊維に守られているので、熱で壊れにくいのも特徴です。

◎便秘解消効果
食物繊維が豊富に含まれている為、腸内環境を整えてくれる効果が期待出来ます。

◎デトックス効果
カリフラワーに含まれる「グルコシノレート」という成分には、体内の有害物質や老廃物を排出してくれる効果が期待できます。

どうやって食べれば良い?「カリフラワーライス」の食べ方

それでは、カリーフラワーライスの作り方や食べ方のポイントをご紹介します。

【カリーフラワーライスの作り方】
作り方はとても簡単で、細かくカットしたカリフラワーを炒めるだけ!小房に分けて包丁で刻んでも良いですし、フードプロセッサーで細かくしてもOKです。炒める際に、お好みで塩やスパイス・レモンを振って味付けすると食べやすくなります。

<保存方法>
細かく刻んだカリフラワーは、密閉袋などに入れ、冷蔵なら2~3日・冷凍なら1か月程が保存の目安です。冷凍したものを解凍する場合は、冷蔵庫に移して自然解凍してから、炒めて加熱してください。保存期間の目安に関わらず、なるべく早めに食べてくださいね!

【食べ方のポイント】
・クセはないですが、カリフラワーの風味はするので、しっかりと味付けされたおかずに合わせると違和感なく食べることが出来ます。
・お米をカリフラワーライスに置き換え、いつものおかずに合わせて食べるだけでもOKですし、カレーやチャーハンに活用するのもオススメですよ!
・カリフラワーライスをダイエットに活用する場合は、無理のない範囲で、3食のうち1食を置き換えるようにしましょう。
・糖質を抑えられることが魅力ですが、エネルギー不足にならないよう、タンパク質や脂質をしっかり摂取するよう心掛けてください。

食事を制限するダイエットは挫折しがちですが、お米の代わりに「カリフラワーライス」を食べることが出来れば、無理なく続けられそうですよね!ダイエット効果に加え、美肌やデトックス効果も期待出来るので、取り入れてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事