忙しくても美肌はキープ!「腸が綺麗は肌美人」のワケって?

忙しくても美肌はキープ!「腸が綺麗は肌美人」のワケって?

ネイリストとしての経験と豊富な知識を生かし、肌育成スペシャリストとして活躍中の川上愛子さんが提唱するのは、頭から爪の先まで全身キレイになるためのマニアック美容! 今回は、美肌をキープするために欠かせない“腸のケア”についてご紹介します。

最近よく耳にする「善玉菌」「悪玉菌」というワード。私たちの身体には、内側にも外側にも約100兆の菌がいるとされ、持ちつ持たれつの共生環境を維持することで健康的に生活できています。もちろん善玉菌が多い方がなんとなく身体に良さそうなのは読んで字の如くですが、体内の善玉菌が身体に及ぼす影響については正しく理解していますか?

美肌に繋がる腸内環境について理解することは、美容好きにとっては基本中の基本! 体中にたくさん生息し、私たちの身体のためにせっせと頑張ってくれている細菌の中から、今回は腸内細菌のことをご紹介します。

どんなにいいコスメを使っても腸内環境が整っていなければその効果も半減……!? 日頃の美容効果を高めるためにも、チェックしてみてくださいね。

【腸内知識・基本編】

腸内の菌は大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見(ひよりみ)菌」とグループ分けされています。

人間社会と似たような雰囲気で、明るい優等生の善玉菌が多い場合は腸内環境も明るく、消化吸収も前向きです。悪玉菌は不良グループ。悪玉菌が多い腸内はまるで学級崩壊のように荒れ狂います。日和見菌は八方美人菌とも呼ばれ、善玉菌に味方したり悪玉菌に味方したりして、優勢な方につく傾向にあります。

腸内の環境は「酸性」であることが大切。それにより、善玉菌が活動しやすくなり、腸内環境がいい状態で保たれます。

腸内環境が肌状態に直結する理由

最近流行りのスーパーフードや、美容ドリンク、野菜中心の食事など。どれも「食べれば効くはず」と思っていませんか? 時間やお金、期待をかけた美容のための食事を上手に身体に取り入れるのは腸にかかっています。

悪玉菌が腸の中で増えると、ひどい下痢をしたり便秘になったりします。特に、腸壁に便がこびりつき、便の流れが悪くどんどん詰まっていく「便秘」は、栄養を吸収するはずの腸壁が便に覆われているので、食べ物を消化だけして栄養を吸収しないまま体外に排出しがちです。溜まった便を排出できずにどんどん溜まり、ガスが発生してお腹がパンパン……なんていうことも。腸内に出し切れない便やガスが溜まると、栄養も行き届かないですし、老廃物やガスが溜まることでニキビなどの肌荒れに結びつくこともあるんです。食べ物から栄養素や脂質などをバランス良く得ていないと肌はなかなか綺麗になれません。どんなにバランスよく食事しても、便秘が解消されないと栄養が身体に行き渡りにくいのです。

腸内に善玉菌を増やして、適度な運動で腸を刺激することにより、健康的な腸に近づくと言われています。

腸内の善玉菌を増やすには?

腸内の善玉菌として有名なのが「乳酸菌」や「ビフィズス菌」です。「乳酸菌」は文字通り乳酸を生み出してくれる菌で、発酵食品や乳酸菌飲料、ヨーグルトなど様々な物に含まれています。乳酸菌は生きたままでも死菌でも腸内では活躍するという研究結果はたくさんあります。ビフィズス菌も良く耳にすると思いますが、ビフィズス菌は乳酸菌の一種です。ビフィズス菌と一言でいってもその種類が豊富!「B3」や「BB536」など、人間の腸内だけで10種類以上いるのだとか。様々な種類の菌が、体内を流れる食物をせっせと消化・吸収できるように手助けしてくれているわけです。

乳酸菌をたくさん取ったからといって、その乳酸菌が身体に住み着いてくれるわけではないのですが、いつもたくさんの乳酸菌が腸内にいれば食べ物を消化吸収しやすくなります。「腸内を善玉菌で増やしたい!」と思うなら、ヨーグルトや発酵食品、日本酒、味噌などを積極的に摂ることは大切なポイントです。たまに食べる食品添加物が悪だというわけではないのですが、どうせなら腸内環境にプラスになるものがおすすめ。忙しい日が続いてレトルト食品ばかりになりそうな日も、ヨーグルトやキムチ、みそ汁などを追加して、腸内を良好に保てるように注意してみましょう。ちょっとした気遣いが便秘や下痢を防いで「忙しくても美肌」を助けてくれます。

そして、腸内細菌が活発に動いてくれるためにはビタミンなどももちろん必要となってきます。「そんなにいろいろ食べられないよ!」という声が聞こえてきそうですが、筆者も食事が不規則なので、肌のためにも腸内のためにも下で紹介するような、発酵食品やスーパーフードでカバーしています。とくにスーパーフードは栄養バランスがいいので生活が不規則になりがちな方にはおすすめです。

【株式会社八仙 ゴジベリー×カカオ】

【DICスピルリナ パウダー】

また、納豆菌の強さも忘れないでいたいところ。納豆菌は体内に1週間前後いてくれる上に、その間は悪玉菌だけを退治してくれるという心強い味方。毎日じゃないにしても食べておくのがおすすめです。

体調不良のあとは……

風邪をひいたりケガをしたりした際に抗生物質を飲むと下痢気味になったりしませんか? 抗生物質は、身体の中で暴れまくる病原菌を一網打尽にするため、腸内の善玉菌も巻き添えをくってしまうので、一旦下痢などになりやすくなる方も。もちろん、腸内細菌のバランスはまた元に戻りますが、体調不良の後は腸内バランスも崩れがちなのでお腹に優しいものを摂ることがことが大切です。

腸内が乱れると肌も荒れがち。肌荒れしてすぐにコスメを疑うのではなく、腸内のことも思い出して生活環境や食生活を整えてみてくださいね。

関連キーワード

関連記事