ポリフェノール・鉄分が豊富「蕎麦はちみつ」美味しい食べ方とレシピ

ポリフェノール・鉄分が豊富「蕎麦はちみつ」美味しい食べ方とレシピ

はちみつは肌や喉に良いアイテムとして知られていますが、その種類は特に気にすることなく購入してるという方が多いのではないでしょうか?はちみつはどんな花から採られたかで特徴や種類も様々異なります。なかでも今回は蕎麦はちみつについてピックアップ致します。

「蕎麦はちみつ」のポリフェノールでエイジングケア・鉄分で貧血予防に◎

蕎麦はちみつとは、蕎麦の花から採れたはちみつのこと。個性的な香りのため好き嫌いがはっきり分かれやすい大人向けのはちみつですが、味わいは黒砂糖のようで香りから受ける印象よりもずっと食べやすいのです。お湯割りにしてそのまま飲んだり、濃い味付けの料理やスパイシーな料理に向いています。また、蕎麦はちみつには次のような栄養成分と効果が期待できます。

【蕎麦はちみつに含まれる栄養成分とその効果】
<ポリフェノール>
ルチンをはじめとするポリフェノールが豊富で抗酸化力に優れています。ポリフェノールには活性酸素の発生を抑え、老化を遅らせる働きがあります。

<鉄分>
はちみつの中でも特に鉄分が豊富で、貧血予防に役立ちます。蕎麦はちみつ以外では、甘露蜜やマヌカハニーなど色の濃いはちみつは鉄分をはじめとしたミネラルやポリフェノールの含有量が多い傾向にあります。

蕎麦はちみつを使ったおすすめレシピ〜蕎麦はちみつ入り味噌チャーシュー〜

蕎麦はちみつ入り味噌チャーシューの作り方をご紹介します。より甘めな味付けが好きな方は、すりおろしりんごなどを加えるのもおすすめです。

【蕎麦はちみつ入り味噌チャーシュー】
<材料>
・豚塊肉(バラ肉or肩ロース)500g

<調味料>
・味噌 80g
・おろしニンニク 大さじ1
・蕎麦はちみつ 大さじ1
・みりん 大さじ1
・醤油 小さじ2

<作り方>
1.豚肉を30分ほど常温に置きます。
2.ジップ付きのビニール袋に1と調味料を入れ、揉みながら混ぜ合わせます。
3.2を冷蔵庫に入れ、一晩寝かせましょう。
4.冷蔵庫から取り出し、余分なタレを手で取り除きます。
5.170度に予熱したオーブンで40分加熱します。
6.5のチャーシューを手で触れるくらいまでオーブンの中で放置し、予熱で火を通していきます。
7.好みの厚さにカットし、器に盛り付けて完成です。

蕎麦はちみつは国産の商品ばかりなので、海外産のはちみつに抵抗がある方も安心して購入しやすいです。是非、様々な料理に取り入れながら内側から美を極めていきましょう!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事