美人は冬になる前から始めてる!? 乾燥対策のスキンケアと食事法

美人は冬になる前から始めてる!? 乾燥対策のスキンケアと食事法

秋も終盤になり本格的な冬が目の前に迫ってきました。これからますます気温、湿度共に下がっていきますが、その前に身体の外側、内側から適切なケアをすることがとても大切です。そこで、この時期にふさわしいスキンケア・おすすめ食材などをご紹介致します。

本格的な冬目前! 乾燥のピーク時期に負けないスキンケアと入浴法とは

この時期は日増しに気温も湿度も下がっていき、1年で最も気温の低下する時期でもあります。そのため、乾燥のリスクが増え、皮脂の分泌機能も低下してきますので、保湿対策をしっかりすることが大切です。

◆洗顔
ぬるま湯で、指でゴシゴシ顔を擦らないように、泡でやさしくそっと洗うのがコツです。洗顔後のお肌は、ダメージを受けやすいので、拭く時にもこすらず、タオルでやさしく押さえるようにして、水分をふき取るようにしましょう。丁寧に洗うことは大切ですが、洗う時間が長すぎると、大切な皮脂や角質までも剥がしてしまう可能性があるので気を付けましょう。顔だけではなくボディも同様に優しく洗いましょう。
◆スキンケア
乾燥を解消できそうな魅力的な美容液やクリーム。これらを選ぶ際に、しっとりとした感触だけで安心していませんか?乾燥の大きな原因は、実は水分不足によるものが大きな要因だと言われています。乳液やクリームの役割は、水分を逃がさず肌を保護すること。肝心な水分が不足しては十分な保湿ができません。

乾燥を感じたら、まずは水分が足りない!と思ってみてください。水分不足のまま、どんなにいい乳液やクリームを使っても、枯れかけた花に水をあげずに栄養剤を与えているようなもの。

まずは、化粧水をたっぷりとつけてから、乳液や保湿クリームを使いましょう。冬が近づくと空気の乾燥に伴い、お肌の水分も蒸発しやすくなるため、それを防ぐためにも、化粧水をたっぷりとつけたあとに、乳液や保湿クリームで潤いをキープしましょう。手足やボディも乾燥しやすいので、ボディクリームやハンドクリームも上手に取り入れてケアをするのがおすすめです。
◆入浴
本格的な冬目前のこの時期は、お風呂で身体を温め、冷えを予防することが大切です。体温をキープすることが美肌や健康にとって大きなポイント。入浴で肌を温めることは血流促進になり、美肌対策に効果が期待できます。

ただし、気を付けないといけないのは、温める時間が長ければ長いほど乾燥にもつながるので、湯船につかる時は、ぬるめの温度(38℃~39℃くらい)に10分以内が適切です。お湯の温度を上げすぎることも、お肌の乾燥の原因になったり、かゆみの原因になったりすることがあります。特に、アトピー体質の方はお風呂の温度を上げ過ぎないよう気を付け、長風呂をしないことが大切です。

また、皮脂を取りすぎてしまったり、肌を傷つけてしまう原因になるので、体や顔は手で洗います。「カラダが痒い」という時は、お肌が乾燥している証拠です。

夏に比べ、冬は汗をかくことも少ないので、入浴の方法、体の洗い方を少し変えてみるだけでも、痒みや乾燥に効果が期待できます。

細胞レベルでキレイに!乾燥肌に良い食べ物・悪い食べ物

年齢に関係なく、乾燥肌と食生活は深く関係しています。潤いを作り出すのも、細胞のダメージを修復したり再生したりするのも、そもそもの細胞を作り出すのも、食べ物から栄養がなくてはできないこと。食べ物にも乾燥に良いもの悪いものがありますので、賢く選ぶことが肝心です。

◆控えたい食べ物
<ファーストフード・スナック菓子・脂っこくて味が濃い物など>
塩分・脂質が多く代謝が悪くなりやすいです。質の悪い脂は血流を低下させ、ターンオーバーを滞らせてしまうと言われています。

<清涼飲料水・ケーキなど砂糖たっぷりの甘い物>
砂糖たっぷりの甘い物の摂りすぎても、皮下に脂肪層ができてしまい肌を乾燥させると言われています。

<冷やす食べ物>
夏が旬の野菜(きゅうり・なす・トマト等)、白や緑の野菜(大根・かぶ・白菜・レタス・ほうれん草)、南国系フルーツは身体を冷やす食べ物と言われています。生で食べるサラダの食べ過ぎにも注意。身体を冷やすものは血流が悪くなり新陳代謝が悪くなる原因の1つとも言われています。

<アルコール>
体の水分が奪われます。飲みすぎに注意しましょう。
 
<カフェイン>
コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは体を冷やし、利尿を促す作用があります。こちらも飲みすぎに注意しましょう。

◆積極的に摂りたい食べ物
<緑黄色野菜>
粘膜を守るビタミンA、ターンオーバーを促進するビタミンB群が多く含まれます。

<大根・かぶなどの根菜類>
大根やかぶは熱を加えることで、身体を冷やす作用から温める作用のあるものに変わります。また、生姜など体を温める作用の強い食材と一緒に摂ることで、よりその効果を期待できます。

<わかめ・海苔・こんにゃく・大豆製品など>
水分を保持するセラミドが多くふくまれるので乾燥が気になる季節は特に積極的に摂りたい食材です。

◆おすすめの食事
食事でおすすめのメニューは「豆乳鍋」です。おすすめの具材は、肌の水分を保つセラミドの原料となる成分が豊富なこんにゃくやしらたき・豆腐・豆乳など、ニラ・春菊などはビタミンAを多く含み、豚肉はビタミンB群を多く含み美肌に効果的です。きのこは食物繊維が豊富なので、腸内環境を整えてくれます。

体の内側からの水分補給もとても大切です。意識してこまめに水分をとることも忘れないようにしましょう。冷たいもの・カフェイン・アルコールは控えめにし、生姜湯や白湯など体を温める効果のあるものを選びます。

湿度・気温の低下も大きく、お肌に厳しい冬目前のこの時期。日常生活にちょっとした工夫を加えて、乾燥負けず、しっかり外側からと内側からスキンケアとエイジングケアをし、うるおい肌を手に入れましょう。

 Profile
<執筆>
藤井 瑠美(ふじい るみ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・栄養士・フードコーディネーター・フィンガーフードプロフェッショナル・1児の母として子供の才能を開花させる食を提案している。
ブログ:https://ameblo.jp/comfort-food-made-health

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事