「さりげなくいい香り」の人は、どこに何をつけているの?

「さりげなくいい香り」の人は、どこに何をつけているの?

近くにいると、ふわんといい香りがする……。香り使いの上手な人って憧れますよね。でも、せっかくのいい香りも、つけ方によってはきつくなったり、はたまた全然香らない、なんてことも。香りにも適材適所があります。いい香りの人は、どこに何をつけているのでしょうか?

「なんだかいつもいい香り」はヘアオイルで

「香水はつけていないようだけど、なんだかいい香りがする」こんな風に思われたら嬉しいですよね。それなら、ヘアオイルを味方にするのがオススメです。髪にツヤを出しつつ、いい香りにしてくれるオイルを、スタイリングの仕上げになじませれば、一日中ふわっといい香りのする髪に。

もともと、髪は香りのつきやすいパーツ。知らないうちに、人のタバコのニオイがついてしまって困った……なんて経験はみんなあるのでは? ダメージが進行した髪ほど、空洞が多くニオイがつきやすいという面もあります。そこを逆手にとってオイル使いをすることで、髪のダメージを補修しつつ、嫌なニオイをブロック。動くたびにふわふわといい香りを放つこともできちゃいます。何をつけても香害にはなりにくいですが、「もともといい香り」風なら、ハーバルでさわやかな「ダヴィネス オーセンティックオイル」がオススメ。「なんか、すっごくいいにおいするよね」と言われること請け合いです。

「シャンプーみたい」に香らせるなら背中や肩先に

「男性は香水よりもシャンプーの香りが好き」なんて声をよく聞きますが、実際には「シャンプーのような香りの香水を、シャンプーだと勘違いしてる」ことも多いそう。しかも、それは髪から香っていなくても、ほとんどわからないのだとか。フローラルやフルーティ系の香りを、背中や肩先にまとうことで、シャンプー後のような清潔感溢れる香り方を演出できます。

服を着る前に、肩先や背中の上部に香りをつけ、十分に乾いてから服を着ます。香りは上にむかって立ち上りますが、服でカバーされるので香りたちがやわらかく、側にきた人にだけふわっと届く香り方になります。ロールオンタイプの「ディオール ミスディオール ブルーミングブーケ ローラーパール」や、フルーティフローラルの「ザ・パフュームオイルファクトリー ザ・オリジナル 01」がピッタリです。

スキンフレグランスはお腹に

ムスクなどがメインの「肌なじみのいい香り」なら、本当に肌そのものがその香りだと思えるような付け方がポイントに。冷えがちな女子の体の中でも、比較的体温が高く、もともとの肌の匂いとまじりあって温かく香る場所と言えば「お腹」が一押し。胸の下、胃のあたりに2プッシュくらいつけるのが程よい加減です。

関連キーワード

関連記事