粉をふくようなカサカサの腕…乾燥した肌をしっとりさせるボディケア

粉をふくようなカサカサの腕…乾燥した肌をしっとりさせるボディケア

これからの季節、悩まされるのが肌の乾燥。その中でも特に気になるのが腕の乾燥ではありませんか?保湿ケアをしてもすぐに乾燥して腕から粉がふいてしまう…という方におすすめのボディケア方法をご紹介していきます。

保湿してるのに腕がカサつく乾燥の原因とは?

冬は空気自体が乾いていることだけでなく、ホットカーペットや床暖房、電気毛布やエアコンなどによりどんどん乾燥を招いてしまいます。また、寒い季節は熱いお湯に入って身体の芯から温まりたくなりますが、長時間熱いお風呂に浸かっていると肌のうるおい成分の皮脂が洗い流されてしまうので注意が必要ですよ。

腕の乾燥を防いでしっとり肌を保つ簡単ケア

腕のカサつきを防ぐためには、まずお風呂の入り方を見直しましょう。42度以上のお湯に長時間入ると、皮脂が流れやすいのでなるべく40度前後のぬるめのお湯にゆっくりと浸かることをおすすめします。ボディタオルなどを使ったゴシゴシ洗いは禁物!たっぷりの泡を使って腕を包み込むように洗っていきましょう。

また、入浴していると肌が柔らかくなり、角質層がゆるみやすいのでこのタイミングを利用して保湿成分が配合された入浴剤を使うことも効果的!肌に優しい成分で作られた保湿系入浴剤を入れてお風呂の中で乾燥を防いでくださいね。

入浴後はお風呂場で濡れた状態の肌に保湿クリームを塗りこむことで浸透力がアップします。特に腕は入浴しているときに水分が乗って潤っているイメージがありますが、蒸発するとき一気に乾燥するため、お風呂から上がって速攻保湿クリームを塗るといいでしょう。

着替え終わって一息ついたら、保湿効果の高いボディミルクやボディローションを塗って更に保湿する習慣をつけることもおすすめします。それでもなかなか乾燥が治らない場合には、医薬品として売られている保湿クリームが効果的だと言われています。ただし、腕の場合皮膚がデリケートであることが多いため、尿素入りのクリームを使うと刺激になる場合が。敏感肌の方は尿素を含んでいない保湿クリームを使用してみてくださいね。

秋冬のカサカサ腕をしっとりに!毎日のケアに力を入れてみて

日頃からお風呂の入り方に気をつけたり、こまめな保湿ケアを心がけるだけでも頑固な腕の乾燥を防ぐことができます。腕がカサカサしてかゆい…といった深刻な乾燥を招く前に早めの対策をしてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事