愛用中のボルドーリップ&リップクリーム。そして口元のうぶ毛問題

愛用中のボルドーリップ&リップクリーム。そして口元のうぶ毛問題

いよいよ、本格的に寒くなってきました。
皮がむけたり、ひび割れしたり、冬はとっても繊細な唇。
私が愛用しているリップアイテムをご紹介したいと思います。
まずは口紅。ダークな色になりがちな秋冬のファッション、「仕上げにワンポイント必要だな」「顔色が悪いな」というときに愛用しているのがボルドー色のリップです。
ヘアメイクアップアーティストの岡野瑞恵さんがメイク特集で、「ボルドーが一番おすすめ」とおっしゃっていたのに影響されました(笑)

ただ、ボルドーといってもブラウン系から赤系まで幅広く、場合によってはモードになりすぎることも。
私は誰にでも合う、使いやすい2本を愛用中です。
上/キッカ メスメリック リップスティック 43 ベルベットドリーム ¥3800(税抜) 下/コフレドール コントゥアリップデュオ 04 カシスモーヴ ¥2800(税抜・編集部調べ)※11月16日発売
こちらがキッカのリップ。自分の唇の色になじむ発色なので、ボルドーも浮くことなく新鮮!キッカのブランドクリエイター、吉川康雄さんのメイクレッスンで大森編集長、バタやんもつけていたのですが、それぞれの色に染まって「欲しい!」と皆で絶賛!
こちらがコフレドール。岡野さんの記事で立体感の出るリップのつけ方を解説していますが、これ1本でふっくら感が実現する優れもの。まずペンシルのほうで唇の輪郭を描き、そのあとグロスを唇中央になじませるだけ。真ん中がぷっくり、光が当たっているように見えるのがお分かりになるでしょうか?
そして、次は冬の必需品、リップクリーム。休日ならこれ1本で大丈夫、な色付きを選んでみました。
左/アルジェラン カラーリップスティック ベビーピオニー(全2色) ¥648(税抜) 右/ザ パブリック オーガニック 精油カラーリップスティック スーパーフェミニングラム バーニングローズ(全4色) ¥648(税込)※11月1日発売
リップクリームはよく塗るだけに、口に入っても心配のないオーガニック&天然由来のものを。子供に触れても安心ですよね。
両方ともしっかり保湿をしてくれるのはもちろん、発色もよく、精油の香りにも癒されます。
まさに“リップクリームと口紅のいいとこ取り”なアイテム!
リップクリームは持ち歩くだけになくしてしまいがちなので、このお値段も嬉しいのです。
アルジェランはナチュラルなベージュピンクを。リップクリームだとテカったり、すぐ落ちてしまうのですが、こちらはセミマットな仕上がりで定着もバッチリ。チークやアイカラーにも使えるそうです。美容コラムニストの福本さんも紹介していましたよね!
シャンプーも愛用中のザ パブリック オーガニックからもリップアイテムが。私は深い赤をチョイスしました。天然石由来の色なのですが、口紅と遜色のないほどの発色。植物オイル配合で、自然なツヤが出るタイプです。ボルドーでなく、赤リップの気分のときはこちらを塗っています。
そして、最後に口元のケアとして使っているユニークなアイテムがこちら。
ノイス・イノセンス クリア セラム 22g(1ヶ月分)  ¥8500(税抜)ひげが生える原因は女性ホルモンの低下による、ということに着目し大豆成分や植物由来成分を配合。朝晩2回、毎日塗るだけです。
口元のうぶ毛、いわゆる“ひげ”を薄くするクリームなのです。
つい処理を忘れてしまい、鏡をみた瞬間びっくりすることってありませんか?
気になってくるとカミソリで剃っていたのですが、肌が薄い部分だけに心配もあったので、こちらのクリームをお試し中なのです。効果が楽しみ!

乾燥でどんどん肌や唇には過酷になっていく季節、今からきちんと保湿しておきたいですね!
片岡 千晶
産後、仕事復帰してからそれまで着ていた服がことごとく似合わず、日々の暮らしにもフィットしなくなりました。小柄(151㎝)なので、決まったブランド一辺倒になりがち。双子の母。

関連記事