「焼きバナナ」の魅力!便秘解消や免疫力も加熱すると効果UP!?

「焼きバナナ」の魅力!便秘解消や免疫力も加熱すると効果UP!?

「バナナ」は私たちにとってとても身近なフルーツなので、日頃からよく食べているという方も多いのではないでしょうか。バナナは焼くことで、栄養価がアップするとされているんですよ!「焼きバナナ」の魅力をご紹介します。

便秘解消効果や免疫力もUP!「焼きバナナ」の効果とは

栄養価が高く、美容や健康にも良いとされるバナナ。スーパーやコンビニでも簡単に購入出来るので、とても身近なフルーツですよね。

ビタミン類やミネラル類を豊富に含み、栄養バランスが優れている上、腹持ちが良く、脂肪燃焼効果やむくみ改善効果などもあることから人気のあるバナナですが、焼いて食べることで栄養価がUPすることをご存知でしょうか?

【加熱すると効果がUP⁈ 「焼きバナナ」の魅力】
◎便秘解消効果
バナナを焼くことで、善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」が大幅に増え、腸内環境が整うため、腸の働きが整うそうです。

◎免疫力UP
腸内環境と免疫力は深い関係にあり、腸内環境が整うことで免疫力がアップすると考えられています。また、温かいバナナを食べることで身体が温まるので、免疫機能が高まるとされています。

◎ダイエット効果
腸内環境が悪いと体内にガスが溜まり、代謝も落ちるそうですが、焼きバナナを食べると腸内環境が整い、便秘解消効果が期待出来ることから、身体の中からキレイに痩せられるので、ダイエット効果が期待出来ます。

◎冷え対策
バナナは「陰」の性質を持つとされ、身体を冷やす働きがあります。その為、バナナを加熱して食べることで、冷えを予防することができるそう。

効果的に食べよう!「焼きバナナ」の作り方

そのまま食べるよりも栄養価がアップする「焼きバナナ」の作り方をご紹介します!

【焼きバナナの作り方】
<トースターを使用>
1. ヘタの先をカットし、バナナの片面に包丁で切り込みを入れておく
2. トースターにアルミホイルを敷き、その上にバナナを乗せて、片面を5~10分焼く
3. 表面が黒くなったら裏返して、反対側も5~10分焼く
4. 両面が焼けたら完成

<フライパンを使用>
1. バナナの皮を剥き、輪切りにしておく
2. オリーブオイルやココナッツオイル・バターなどを熱し、バナナを焼く
3. 焦げないように弱火で加熱し、両面に焼き色がついたら完成

<電子レンジを使用>
1. ヘタの先をカットし、包丁でバナナを真横にカットする
2. お皿にカットしたバナナを乗せ、電子レンジ600Wで1~2分程加熱する
3. バナナの皮が黒くなってきたらストップするようにしましょう
 ※電子レンジの場合、加熱しすぎるとバナナが縮んでしまうので注意してください!

バナナの皮には栄養が詰まっているので、皮ごと焼いてしまうのがオススメです。加熱することで、バナナがトロトロになり、甘みも増すので、そのままでもとても美味しいですが、シナモンやチョコレートをかけるなど、アレンジが楽しめるのも魅力です!アレンジした際は、カロリーも高くなるので気を付けてくださいね。

いかがでしたか?焼くことで栄養価がアップする「焼きバナナ」には、便秘解消効果やダイエット効果・免疫力がアップするなどのメリットもあるので、バナナを食べる際はぜひ焼いてみてください!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事