弱った心のエッセンス!食用花「ボリジ」の特徴やおすすめのレシピ

弱った心のエッセンス!食用花「ボリジ」の特徴やおすすめのレシピ

ストレス社会と言われている現代の日本…。イライラを解消するにはリラックスすることが一番大切ですが忙しくて休みをとる時間すらない時もありますよね。そんな時におすすめなのが安らぎの食用花「ボリジ」の活用です。おすすめレシピもご紹介します。

食用花「ボリジ」でポジティブな心を手に入れよう!

ボリジとはムラサキ科ルリヂシャ属の植物のこと。綺麗な星型をしていることから、観賞用として好まれていますが、ハーブティーに浮かせたり、サラダやマリネといった料理に活用することも可能です。

また、ボリジにはアドレナリンを分泌し、気分を高揚させる働きがありますので心が塞ぎ込んだ時やイライラが収まらない時など”食べるサプリメント感覚”で取り入れていくと良いでしょう。花を食べることに抵抗がある場合はポプリとして持ち歩くのもおすすめです。

その他、ボリジの葉には体内の余分な水分や老廃物を排出する「カリウム」が豊富に含まれていることから、生理前の女性に多いむくみを解消する効果が期待できます。

一方、注意点として、ボリジには肝毒性があると言われている「ピロリジジンアルカロイド」が含まれているため食べ過ぎや長期間の利用は控えるようにしましょう。また、妊娠中や授乳中の方は使用を避けてください。

心を整える!? 食用花「ボリジ」を使ったおすすめのレシピ〜ボリジ入り生春巻き〜

いつもの食卓がおしゃれに映える!ボリジを使ったフォトジェニックな生春巻きのレシピをご紹介します。完成後はスイートチリソースなどお好みのソースにつけながら召し上がってください。

【ボリジ入り生春巻きの作り方】
<材料>
・ライスペーパー 4枚
・ボリジの葉 10枚程
・ボリジの花 8個
・カイワレ 1/2パック
・茹で海老 8匹
・モッツァレラチーズ 1P
・レタス 3〜4枚

<作り方>
1.レタスを巻きやすい大きさに切り、カイワレと一緒に水につけてハリを出します。
2.ボリジの葉、花も水でよく洗っておきます。
3.モッツァレラチーズを薄い一口大にカットします。
4.ライスペーパーを水にくぐらせ、全ての具材をバランスよく乗せて巻きます。

ボリジは丈夫で育てやすい植物と言われています。是非自宅のお庭で育て、癒されながらインナーケアに役立ててみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事