超意外!? ブーツの臭い対策に××がおすすめ!気になるメカニズムとは

超意外!? ブーツの臭い対策に××がおすすめ!気になるメカニズムとは

秋冬に欠かせないマストアイテム、ブーツ。さっと履くだけでいつものコーディネートがワンランクアップするというメリットがある一方、どうしても気になるのが脱いだ瞬間の強烈な臭い…。こちらではブーツの臭いを効率よく防ぐ方法についてご紹介します!

ブーツの臭い対策には足指ソックスがおすすめ!

ブーツを履くとなぜ足が臭くなるかというと、私達の足の裏は1日でコップ一杯分の汗をかくと言われているほど元々汗腺の密集度が非常に高いパーツです。更にブーツは足裏全体を覆う構造のため通気性が悪く、臭いの元となる雑菌が大量に発生してしまうことから、通気性の高いサンダルよりも臭いがきつくなりやすいのです。

そんな足裏の汗対策としておすすめなのが「足指ソックス」です。足指ソックスは通気性が良いと同時に指の間の汗を効率よく吸収してくれるため雑菌の発生を抑え、臭いをしっかり軽減することができます。また、外出先で足指ソックスを履くことに抵抗がある場合も五本指タイプで生地が薄めの”パンプス用靴下”を着用し、その上からタイツを履けば見た目もほとんど違和感がありません。

どうしても普通の靴下が良い!という場合はシルク製の靴下を選ぶようにすると良いでしょう。シルクは吸水性が高く、すぐに乾燥するので臭いをスムーズに抑えてくれます。

ブーツの臭いを防ぐフットケアのやり方

指の間を綺麗に洗っていないこともブーツの臭いがきつくなる原因の一つです。特に忘れがちなのは爪の垢。臭い物質を発生させる雑菌は汗だけでなく、爪の垢や古い角質もエサとして食べながら生きているため、入浴する際は足指の間と合わせて爪全体をしっかりと洗うよう心がけましょう。

【ブーツの臭いを防ぐフットケアのやり方】
1.湯船に足を10分間ほどつけましょう。こうすることで指の間や爪に溜まっている汚れがふやけていきます。
2.足指の間はスポンジで一つ一つ丁寧に洗い、爪は表面〜際まで爪専用のブラシを使いながらゴシゴシと洗いましょう。爪専用のブラシがない場合は柔らかめの歯ブラシでも代用することが可能です。

ブーツの臭い対策をテーマにお届けしました!どれも簡単に実践できるものばかりなので、ブーツを頻繁に履く方は是非参考にしてくださいね。

※参考文献「オトナ女子のためのスメらない手帖」(上田弥生氏/2017)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事